CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年09月 | Main | 2013年11月 »
<< 2013年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
Tomoko
虹の懸け橋 (10/05)
大館市A
東北地方太平洋地震 (03/13)
藤原 克己
NPO法人の活動資金 (02/28)
モヤコ
買ってもらえる民芸品 (02/19)
自分たちのことしか考えられない人々が増えているのでしょうか[2013年10月31日(Thu)]
 海の向こうのアメリカでは、オバマ大統領が下院議会共和党の議員の抵抗のために予算が成立できず、政府機関の1部が閉鎖され、外交にも影響を与えることになりました。オバマ大統領は、医療保険制度改革の推進を公約に国民皆保険制度を実施しようと考えていますが、共和党の強硬派を中心に反対して予算の執行ばかりか、世界経済にも影響を与えかねない事態に陥りました。033.JPG

アメリカでは現在自由診療が基本で、高額な医療のために各自が民間の保険会社と契約していますが、低所得者は保険料の支払いが困難になり、慢性病患者は更新を拒否され医療を受けられないような状態になっています。お金のある人たちには問題がないでしょうが、健康を害しても病院に行くことができない人はそのまま死んでしまえということになりかねません。自分だけよければ、社会的な弱者を切り捨ててよいということでしょうか。弱い人を守るための国民皆保険制度を実現しようとしている大統領の足を引っ張るようなことをしている政治家にアメリカ国民は「ノー」を意思表示できないのでしょうか。日本でも若者からお年寄りまで生活に困っている人たちを見捨てても自分だけよければいいという風潮がないでしょうか。そのような空気が世界中を覆わないように人のためには自分のためという考えが必要なのではないでしょうか。003.JPG
日本は地球温暖化対策に戦略性とビジョンを持って[2013年10月30日(Wed)]
 秋田さきがけ10月3日付け「社説」から、ドイツは再生可能エネルギー拡大と徹底した省エネで経済成長を達成しつつ、CO2の排出量を大幅に削減。福島原発事故後は脱原発へ方向転換した。スイスは水力発電を再評価。温暖化による氷河の減少で増え続ける川の水の利用を模索、小規模な発電施設の整備を助成するなどの施策を推し進めている。日本の対策の柱に据えるべきなのは再生可能エネルギーの推進であろう。太陽光や風力、地熱、小水力などの発電をさらに進めるため、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を拡充することが求められる。送電網の整備・拡充などの電力改革も忘れてはならない。012.JPG

 ドイツの英断を日本も見習う必要があるのではないでしょうか。福島原発事故後にすばやく再生可能エネルギーに方向転換してCO2を大幅削減しながら必要な経済成長を確保しようというのは賢明な戦略だと思います。スイスも水資源を利用するという独自に実行可能な方策を考え実行に移しています。日本は温暖化対策として世界に貢献することとエネルギー問題を解決する観点から原発に依存しないで水力、太陽光、風力、地熱など国内で賄うことができるようなシステムを構築する必要があるのでしょう。送電網を整備することで電力会社の電力を融通し合うことが可能にして各地域の過不足を解消できている間に国内需要を何とかできるようにするのが最善の策ではないでしょうか。風景.JPG
さすが!小泉純一郎氏は自分の考えをはっきり言える[2013年10月29日(Tue)]
 10月3日朝日新聞天声人語から、小泉純一郎元首相の「原発ゼロ」発言である。名古屋での講演でも訴えた。将来のゼロはいいが今はダメだという議論に対し、「早く方針を出した方が企業も国民もゼロに向かって準備もできる、努力もできる、研究もできる」と。東日本大震災で疑問を抱いたという。確かに直後の11年5月には、原発の安全性を信じたのは「過ち」だったと語っている。確信を深めたのは、この8月のフィンランド視察だったようだ。原発ゴミの高レベル放射性廃棄物を地下に埋めて最終処分する場だ。ここに埋めても放射能がほぼ消えるまで10万年かかる。施設がそれだけの長期間もつのか。そもそも数万年後に人類はどうなっているのか。講演では経済界の原発推進論に反論した。「ゼロは無責任というが、処分場のあてもないのに進める方がよほど無責任だ」。003.JPG

 小泉純一郎元首相は、現役の首相の頃から国民の前でもはっきりと発言していましたが、今回の原発に対する発言は筋が通った正論で気持ちがスッキリします。自民党の元首相という立場では、自民党の政策や経済界に遠慮してというか配慮した発言になりがちでしょうが、ダメなことはダメということで将来の日本を考えたビジョンを持った発言だったと思います。高レベル放射性廃棄物を地下に埋めても放射能が消えるのは10万年です。その間に何かあったら将来の世代に対して誰が責任を取るつもりなのでしょうか。放射性廃棄物の処分場の問題がいっさい解決しないのに原発を続けることが無責任であることは明らかです。国民1人ひとりが真剣に受け止め、小泉元首相のように政府に対してはっきり意思表示することが大事なのではないでしょうか。016.JPG
若い人たちの就職に向けて動機づけになれば[2013年10月28日(Mon)]
 2008年3月で教職を離れましたが、久しぶりに8人を前に3時間も講義形式の話をしました。就職に向けて頑張って3人の訓練している人を中心にNPO法人ふじさと元気塾の活動についてプリントとパワーポイント使って話をしましたが、一生懸命に真剣に耳を傾けてもらいかえって恐縮しましたが、参考になれば幸いです。001.JPG

 秋田に戻ってから時々事例報告としてNPO法人ふじさと元気塾の活動内容やトヨタ財団助成プロジェクトに関して関心のある人たちに話をすることはありましたが、30〜60分程度だったので、今回のように3時間も講義形式で話をすることはありませんでした。あまり余談を入れずに、NPO法人がこの町で何を目ざして創設されたのか、具体的にどのような活動を行っているのか、これからどのようなことを目ざして活動を継続していくのか話しましたが、自分でやりたいと思うことがあったのか、ニンニク栽培をやってみたい、美術関係に興味があるので、切り絵体験を楽しみにしているなどやる気を持つ人もいました。実際に作業をしてもらうことも大事だなと思ったので、今度作業に誘ってみようと思いました。6_pic1[1].jpg
徳島県神山町の移住者呼び込み戦略から学ぶ[2013年10月27日(Sun)]
 朝日新聞be「逆指名」で移住者を呼び込め NPO法人グリーンバレー理事長・大南 信也から、NPOは「できない理由より、できる方法を」「とにかく始めろ」をモットーに、迷っている人には「やったらえんちゃう」。本人いわく「Just Do It」の阿波弁だ。この一言に背中を押された人たちが、神山に集まっている。理想の未来を先に描けば、いま何をすべきかが見えるのではないかと気づきました。訪ねた人が「これが神山か。面白い町だな」と、その面白い理由を自分で探してもらうことだと考えました」。儲けようという気がなく「自分たちが楽しむ」というスタンス、それがよい空気感になっているように思います。規制のない中で、自由に「神山的なるもの」が育っている。言葉や考え方に刺激を受けたリーダーが、僕らの知らないうちに何かを始めていることもあります。008.JPG

 素晴らしい試みだと思います。「できない理由より、できる方法」、「とにかく始めろ」ですか、プラス思考で前向きでいいですね。徳島県の神山町が一躍有名になり、多くの移住者が集まってきているようですが、黙って何もしないで集まっているわけではないのです。規制のない自由な空気感はよいに決まっていますね。移住してきた人がリーダーになって新たな試みを始めることができる寛容さがよいのでしょう。すぐに実行はできませんが、アイデアや精神は学ぶことができるような気がします。私たちNPO法人ふじさと元気塾も住民が元気になってもらえるような活動をすることをモットーをしているので頑張りたいと思います。015.JPG
秋田県の移住戦略のアイデア[2013年10月26日(Sat)]
 秋田さきがけ10月1日付け「あしたの国から」から、移住促進については他県と差別化するために本県の高い教育力や、豊かで安全な食を売りにして子育て世界にPRしたり、地域の不足している業種、起業を目指す人に対象を絞って重点的に売り込んだりする発想が必要。017.JPG

 上に述べていることは国際教養大学熊谷嘉隆教授の提案ですが、全国各地で移住を推進するための戦略を練っていますが、他県と差別化するアイデアを具体的に実行していかなければならないと思います。高い教育力と豊かな食生活を売りにして子育て世代に訴えることは意味があると思います。さらに国際教養大学、秋田大学などの県外から来ている学生に秋田県の弱点と言われる業種で起業してもらえるような助成の仕組みをつくり県内の学生も含めて積極的に起業しやすい環境をつくることが大事ではないでしょうか。学生ばかりでなく、首都圏で退職した人たちにも秋田県で起業できるシステムを構築してほしいと思います。大企業の誘致は簡単ではありませんが、移住して起業してもらい1人でも多く雇用を生み出してもらうことは大事でしょう。011.JPG
さまざまな食品加工業者、販売のプロを育てなければ[2013年10月25日(Fri)]
 秋田県ではさまざまな食品加工を扱う業者が少なく、販売も農村の総合商社のようなプロが育っていないのではないでしょうか。農業分をはじめすばらしい素材がたくさんありますが、それを加工してさらに付加価値を付ける加工業者が少ないため、他県に依頼することになってしまいます。DSC_5457.jpg

 各市町村に農産物をはじめ、旬の山菜、キノコなど特徴的なものがたくさんありますが、それをそのまま販売しても賞味期限が短く販路を拡大できません。ひと手間加えて加工すれば、長く保存できるし、2次加工、3次加工と加えることで付加価値が高まる可能性があります。同じものを大量に加工することも大事ですが、差別化できるような加工技術があれば収益につながるのではないでしょうか。小さな農山村を元気にする起爆剤、原動力になる可能性があります。今からでもやらないよりは遅くともやり始める方がいいですから、行政、金融機関、マスコミなどが一丸となって加工業者の育成に努めてマイナスをプラスに転じて秋田を元気にしてほしいと思います。DSC_5530.jpg
白神山地への藤沢市民対象のモニターツアー[2013年10月24日(Thu)]
 10月14〜17までNPO法人ふじさと元気塾主催の藤沢市民対象の角館、男鹿半島、白神山地へのモニターツアーを行いました。14日に夜行バス藤沢市を出発して、早朝田沢湖に到着してわらび座の施設で温泉に入り休憩を取り、角館を散策して、男鹿半島を巡りきららかに宿泊して日本海を眺めながら温泉にはいり海の幸を堪能しました。DSC_5473.jpg

 10年に1度といわれるほどの台風が通過する中で、16日の昼頃に白神山地の麓の藤里町に入りましたが、湯の沢温泉の弱アルカリ性の泉質の温泉にゆっくり入り、農家のおばあさんたちの昔ながらの手料理を堪能できる清流荘で、きりたんぽ体験でつくった新米のきりたんぽ鍋に舌鼓を打ちながら地酒も嗜んで住民、NPO法人ふじさと元気塾の関係者などと交流会を行いました。17日には藤里町が誇る切り絵体験をして、新米のあきたこまちのおにぎりと旬のきのこ鍋を食べてJR奥羽線二ツ井駅から秋田駅に向かい、秋田新幹線で帰路に就きました。予想外の台風で大変でしたが、原風景の残る白神山地を再び訪れたいと思ってもらえたでしょうか。これを機会に過疎の町が交流人口を増やすことができれば最高です。DSC_5465.jpg
非正規の人たちはこんな年収で生活できますか[2013年10月23日(Wed)]
 時事通信9月27日付け「民間給与2年連続減=12年分、平均408万円―国税庁」から、民間企業で働く会社員やパート・アルバイト、派遣などの非正規従業員が2012年の1年間に受け取った給与の平均は408万円で、前年を1万円下回り、2年連続で減少したことが27日、国税庁の民間給与実態統計調査で分かった。役員を除く正規従業員の平均は467万円(男性520万円、女性349万円)。非正規は168万円(同225万円、同143万円)だった。同庁が正規、非正規を区別して調査するのは初めて。1989年の402万円と同水準で、ピークだった97年の467万円からは59万円減った。DSC_5518.jpg

 正規従業員は467万円で、少なくなったとは言ってもまだ生活できないことはないかもしれませんが、非正規の人たちは168万円でどのようにして生活するのでしょうか。今回初めて正規と非正規を区別して調査したようですが、もっと早くから実施するべきだったのではないでしょうか。非正規の人たちは、月に20万円に満たない生活を送っています。首都圏では高い住居費と光熱費などを含むと健康保険や年金のためにお金を出すことができるのでしょうか。最低限の生活をすることが可能でしょうか。少しでも余裕のある生活を送ることができるように最低賃金を上げて、年収も300万円程度を確保できるようにできないものでしょうか。中小企業は大企業のように余裕があるわけではないでしょうから、政府が知恵を出して生活レベルの向上につながる戦略を練ってほしいものです。DSC_5496.jpg
残業禁止、早朝勤務に奨励金は風穴を開けるか[2013年10月22日(Tue)]
 9月27日の朝日デジタルから、伊藤忠商事が10月から約2600人を対象に、夜8時以降の残業は事前申請が必要な「原則禁止」、10時以降は電気を消して「禁止」にする。深夜残業の代わりに朝5〜9時まで働く社員には、給料を25%割り増しする時間外手当に加え、25%割り増しの「インセンティブ」(報奨金)を払う。管理職にも報奨金を出し、朝型勤務を目ざす。DSC_5526.jpg

 伊藤忠方式は、これはこれで日本の会社の働き方を変えるきっかけになる可能性があるのではないでしょうか。しかし長時間勤務を解消に向けての取り組みとしては疑問も残るような気がします。結婚すれば、夫婦が共通理解のもとに子育てを行うわなければならないと思いますが、夜の残業がなくなり、早く帰宅することで子育てと家族団らんができるようになればいいのですが、早朝から出かけるということで子どもの保育園への送りができなくなり、早朝からの家事が増え負担が増してしまうことはないのでしょうか。日本の会社の長時間勤務を何とかしなければ、優秀な女性が社会に進出して活躍して日本を元気にすることができないのではないでしょうか。伊藤忠商事の取り組みは風穴を開ける可能性がありますが、さらに女性が社会に進出できるような仕組みづくりを本格的に実行に移していく必要があるでしょう。DSC_5479.jpg
| 次へ
プロフィール

元気さんさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/genkijuku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/genkijuku/index2_0.xml
お問合せは下記よりお願いします。返信にはお時間をいただく事がございます。