CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年05月 | Main
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
Tomoko
虹の懸け橋 (10/05)
大館市A
東北地方太平洋地震 (03/13)
藤原 克己
NPO法人の活動資金 (02/28)
モヤコ
買ってもらえる民芸品 (02/19)
政治家は国民が納得できるような言葉で発信すべきでは[2021年06月01日(Tue)]
 スポニチ2020年11月19日付け「岡田晴恵教授 小池都知事の「5つの小」に疑問「どうしてこんな抽象的なことしか言わないんだろう」」から、白鴎大学教育学部の岡田晴恵教授が19日、TBS「Nスタ」(月〜金曜後3・49)に生出演。東京都の小池百合子知事が同日夕に記者会見し、新型コロナウイルスの重症者対策や個々の感染防止の徹底に軸足を置き、会食時は「5つの小」を意識するよう呼びかけたことについてコメントした。
 小池知事は「5つの小」について「小人数、小1時間、小声、小皿、小まめに換気、消毒」と説明。「第2波」の際に実施した飲食店に対する営業時間の短縮要請はしなかった。東京都は19日に新型コロナウイルスの感染者が新たに534人報告されたと発表。18日の493人を超えて2日連続の過去最多で、初めて500人台に上った。有識者を交えて19日開いた都のモニタリング会議で、感染状況に関する4段階の警戒度を最高レベルの「感染が拡大している」に1段階引き上げることが決まった。  
岡田教授は「小池先生どうしたのっていうふうに思いました。具体的な対策っていうのが、春の時は時短とか行動制限とかロックダウンという強い言葉もおっしゃった。そういうことが全くない。今どうしているのかというと、感染者数が上がって(感染)経路不明者数が上がって市中感染率も上がって、そして高齢者まで広がっている。それで流行しやすい冬が来る。こういう時にどうしてこんな抽象的なことしか言わないんだろうと感じました」と自らの意見を述べた。  
キャスターのホラン千秋(32)が「GoToイートキャンペーンやGoToトラベルキャンペーンがある中でなかなか踏み込んだ発言ができなかったのかなとも思えるんですが」と問うと「そこは分かりませんけど、今こそ強めにお願いベースでなく行政介入をしないと今後患者さんの数が増えていくってことが非常に心配」と懸念を示していた。
 朝日新聞2020年11月19日付け「今後の感染者数は「神のみぞ知る…」 西村担当相が発言」から、「感染がどうなるかっていうのは、本当に神のみぞ知る……」。政府で新型コロナウイルス対策を担う西村康稔・経済再生相は19日夜の記者会見で、今後の感染者数の動向をめぐり、こう語った。「これはいつも、(政府の分科会会長の)尾身(茂)先生も言われています」と付け加えながら。
 全国の新規感染者数が2日続けて2千人超と過去最多を更新するなか、西村氏は「予測をすることは極めて難しい。これは専門家のみなさんと話しても、なかなか正確な見通しっていうのはできないわけでありまして」と語った。  
「2、3日で倍増していく爆発的な感染にはまだ至ってはいない」との見方は示したものの、現状の対策の効果も政府として見通せていないことを半ば認めた形だ。
一方、感染拡大を防ぐため、感染者が多数見つかっている地域で集中してPCR検査などを行う考えを改めて強調。「一時的に陽性者は増えても、二次感染、三次感染は防げる」と指摘し、「楽観できませんが、少しでも下がって安定してくればいいと思っている」と語った。  
感染拡大に危機感が広がるなか、専門家の言葉を借りるかたちをとって「神のみぞ知る」と語った西村氏。最近の会見では「国民や地方の首長ら任せ」のような発言もしている。  北海道を中心に感染者が急増していた13日、政府の旅行支援策「Go To トラベル」の活用を国民に促すかを問われると、西村氏は「それを使って旅行されるかは国民の皆さんの判断だ」。初めて新規感染者が2千人を超えた18日には、「Go To トラベル」をめぐり、「それぞれの都道府県に聞いているが、制限をするという意向は聞いていない」と述べた。013.JPG

 政治家は国民に受けそうなキャッチフレーズや専門的な意見を受け止めずに話すのではなく、国民のことを真剣に考えて安心できるような政策を訴える言葉が大事なのではないでしょうか。政治家がお願いするだけで感染が収束するわけではないでしょう。個人の努力にも限界があるのではないでしょうか。お願いよりも効果があると思われる具体的な政策を推進しなければならないのでしょう。都道府県の方針と国の方針が違えば、困るのは民間企業、飲食店などであり、国民ではないでしょうか。例えば、北海道では札幌市とそれ以外の往来の自粛を求めましたが、国はGo Toキャンペーンを推進しました。地方の自治体がブレーキをかけても、国がアクセルを踏み続けてしまったらどうなるのでしょうか。政権は弱い人を守るのではなく、経済を前に進めることを最優先に政策を進めているだけならば、感染症で亡くなる人が犠牲者になるだけなのではないでしょうか。第1波から指摘されていた問題を何も解決しないで、Go Toキャンペーンを推進するために何兆円も予算を組んでよかったのでしょうか。医療現場の問題を解決するために何を具体的に取り組んできたのでしょうか。予算の使い方が違うと考えることがなかったのでしょうか。国民の命を守るために予算を最優先で使うことが大事なのではないでしょうか。市中感染が拡大することで感染者が増える状況があることをしっかり受け止め、首都圏など感染が広まっている地域を中心に全国で感染の拡大がどの程度広まっているか調査する必要があるのでしょう。008.JPG
| 次へ
プロフィール

元気さんさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/genkijuku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/genkijuku/index2_0.xml
お問合せは下記よりお願いします。返信にはお時間をいただく事がございます。