CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 許し合える社会。若者が主役だ | Main | 不便なアナログが救う »
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
Tomoko
虹の懸け橋 (10/05)
大館市A
東北地方太平洋地震 (03/13)
藤原 克己
NPO法人の活動資金 (02/28)
モヤコ
買ってもらえる民芸品 (02/19)
東北地方太平洋地震[2011年03月12日(Sat)]
 11日の14時過ぎに最初は地震だと思える横揺れでしたが、一気にゆっくりとした大きな横揺れになり、1分程続いたと思います。震度は4だったようです。間もなく電気が止まり、その後も余震が続きました。連続の揺れで、揺れているのか、揺れていないのかわからないような状態でした。
 すぐにラジオをつけようとしましたが、電池が1本足りず、妻が電気屋さんに買いに行き、最後の1本を買ってきました。ようやくラジオをつけると、マグニチュード8.4(のちに8.8に変更)で宮城県の栗原市が震度7だったということがわかりました。広い範囲に大津波警報が発令されていることが分かりました。ずっとラジオを聞き続けましたが、暖房機器が使えず、ガスだけが使えたので、コタツに湯たんぽを入れて家族3人で暖を取りました。
その日は母の誕生日でしたが、買ってきた寿司を食べて、すぐに布団にもぐり込みラジオで状況の厳しさを聞きました。寒さの中で被害にあった人たちのことを考えると、自分だけが温もりの中にいて申し訳ない気がします。
12日の朝9時頃に電気が使えるようになり、暖をとることもでき、テレビも見ることができ、被害のすさまじさを目にして愕然としました。人命が失われているばかりでなく、大津波の被害、火災、家屋の損壊などあまりにも甚大でした。
いつか巨大地震がくるかもしれないと思っていましたが、凄まじい現実を目の当たりにすると、起きてほしくなかったと思わざるを得ません。しかし、これからも首都圏の直下型地震をはじめ、東海地震など大地震が発生する可能性が高いので、すぐに国全体で震災に備える取り組みをしてほしいと思います。「備えあれば憂いなし」にしなければならないと思います。
また、これからの大地震のことを考えると、首都圏などの大都市に住んでいる人たちは、家屋などが損壊した時のことを考えて、身を寄せることができる場所を確保していく必要もあるでしょう。自分たちで実際に訪れて、一時的に疎開できるような安全な場所を確保することも必要だと思います。
今回の災害の復旧には莫大な費用がかかると思いますが、被害した国民の目線に立って考えてほしいと思います。このような非常事態だからこそ、国会議員や地方議員は議員報酬やその他費用を大幅に削減するくらいの覚悟で国民のために尽くしてほしいです。
今回の大地震が教えてくれた教訓を生かして、次の災害の際は最小限に食い止めることができるようにしなければならないと思います。いつものブログとは違う視点で書いてみました。コメントがありましたらお願いいたします。

この記事のURL
https://blog.canpan.info/genkijuku/archive/99
コメントする
コメント
プロフィール

元気さんさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/genkijuku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/genkijuku/index2_0.xml
お問合せは下記よりお願いします。返信にはお時間をいただく事がございます。