CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« リゾートしらかみの旅 | Main | 横手のまち歩き »
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
Tomoko
虹の懸け橋 (10/05)
大館市A
東北地方太平洋地震 (03/13)
藤原 克己
NPO法人の活動資金 (02/28)
モヤコ
買ってもらえる民芸品 (02/19)
買ってもらえる民芸品[2011年02月16日(Wed)]
 売れる民芸品作りは、消費者の動向を探り、ほしいと思っているモノを作らないと売れない。それに値段です。ワンコイン(500円)で購入できるかが決め手かもしれない。消費者の財布のひもを開けて、買ってもらえるのが500円程度ではないでしょうか。ワラ細工は、民芸品としては人気がありますが、ワラやカヤなど材料の確保が結構大変だし、陰干ししなければならないので、手間暇がかかってしまいます。そのような苦労をわかって買ってもらえるようにしたい。それに箸やコースターに使われている木に関しても消費者に情報を提供する必要があるでしょう。
 民芸品を事業化するのは簡単ではありませんが、いろいろな問題を克服して軌道に乗せたい。いろいろな問題の中でも後継者の育成の問題を早い時期に何とかしなければなりません。いま携わっていただいている方々は70歳代で、これから長く作り続けることは難しいので、20代や30代の若者に技術を伝承してもらい、後継者として自立してほしい。それを支えるのが私たちNPO法人ふじさと元気塾です。町外の若者でも、我こそはと思う方がいましたら、手を挙げてほしいです。モノづくりは最初はつらいかもしれませんが、自立できるようになれば、やりがいと持って充実した生き方ができるようになるでしょう。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/genkijuku/archive/86
コメントする
コメント
プロフィール

元気さんさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/genkijuku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/genkijuku/index2_0.xml
お問合せは下記よりお願いします。返信にはお時間をいただく事がございます。