CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 地球温暖化対策を世界中の一人ひとりが真剣に受け止め取り組む必要がある | Main | 日本は世界の評価も考え一極集中か地方分散か方向性を定める必要が »
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
Tomoko
虹の懸け橋 (10/05)
大館市A
東北地方太平洋地震 (03/13)
藤原 克己
NPO法人の活動資金 (02/28)
モヤコ
買ってもらえる民芸品 (02/19)
喫煙者を減らす方策を真剣に考えるべきでは[2020年05月17日(Sun)]
 秋田さきがけ2019年11月30日付け「大切な人のために禁煙を」から、たばこの値段だが、世界中で日本がいかに安いかを知ってほしい。2014年の調査では、同じメーカーのたばこ1箱がオーストラリア2000円、ニュージーランド1700円、ニューヨーク1500円、イギリス1000円など。日本だけが470円と断トツに安く、いかにタバコが吸いやすい環境にあるか分かる。
 たばこの煙は、「主流煙」「副流煙」そして、口から吐き出した「呼出煙」があり、呼出煙と副流煙を合わせたものを、たばこを吸っていない人が吸うことが受動喫煙になる。喫煙者がそばにいる場合は受動喫煙を意識できるが、実はたばこの煙は部屋で喫煙すると、床やテーブル、ソファーなどに成分が残っていて、喫煙者がいなくてもその部屋にいる人は受動喫煙しており、これを「3次受動喫煙」と言う。この場合は子どもや赤ちゃんなども被害に遭う可能性がある。
 最後に「新型たばこ」について知ってほしい。たばこの葉を加熱して蒸気を吸う「加熱式たばこ」が近年普及してきている。煙がなく、臭いも少ないため健康被害が少ないと誤解されるが、喫煙者が吐き出した呼気には有害物質が含まれている。1部の有害物質がカットされているといっても特殊なカメラで見ると煙は出ており、特にニコチンは従来のたばことほぼ同じ量が含まれている。DSC_5518.jpg

 喫煙者を減らす有効な策が、たばこの値段を高くすることでしょう。世界的に見て日本のたばこの値段は安すぎます。喫煙者にとっては高いと思っているのかもしれませんが、1,000円以上は当たり前で、1,500円以上に上げてほしいと思います。たばこの煙を吸うことで外食の際にどれだけ嫌な思いをしているのか、吸っている人たちはわからないのでしょう。受動喫煙など健康を害するから辞めてほしいのは当然ですが、美味しいものを美味しいと感じさせない悪い影響を意識してほしいと思います。美味しいビール、日本酒、ワインなどを飲んでいるときもたばこの煙を感じるとガッカリしてしまいます。たばこはまわりの人たちに一方的に害を与えるだけなので、喫煙権などを認める寛容さは必要ないのではないでしょうか。どうしても喫煙したいと思う人は、個別に部屋で喫煙者だけ集まって吸ってもらうしか選択肢が残されていないのではないでしょう。路上喫煙はあり得ません。壁、テーブルなどにもにおいが付いてしまうと不快な思いがするので、喫煙者と一緒の空間にいることが苦痛になります。たばこを吸いたい人は自分たちだけの空間で吸い、まわりの人たちに悪い影響を与えないようにすることが大事なのではないでしょうか。DSC_5496.jpg
この記事のURL
https://blog.canpan.info/genkijuku/archive/3474
コメントする
コメント
プロフィール

元気さんさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/genkijuku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/genkijuku/index2_0.xml
お問合せは下記よりお願いします。返信にはお時間をいただく事がございます。