CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 税金の使い方を考えても人口減少が進む中で高速道路を造り続けるのはどうか | Main | 喫煙者を減らす方策を真剣に考えるべきでは »
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
Tomoko
虹の懸け橋 (10/05)
大館市A
東北地方太平洋地震 (03/13)
藤原 克己
NPO法人の活動資金 (02/28)
モヤコ
買ってもらえる民芸品 (02/19)
地球温暖化対策を世界中の一人ひとりが真剣に受け止め取り組む必要がある[2020年05月16日(Sat)]
 秋田さきがけ2019年11月27日付け「国連報告書 今世紀末 気温3.9度上昇の恐れ 温暖化で破滅的影響 「日本は石炭火力廃止を」」から、世界の温室効果ガス排出が今のペースで続けば、今世紀末の気温が産業革命前と比べ最大3.9度上がり「破滅的な影響」が生じるとの報告書を国連環境計画(UNEP)が公表した。パリ協定が努力目標を掲げる1.5度の上昇幅に抑えるには「今は年に1.5%ほど増えている排出量を年7.6%ずつ減らす必要がある」と指摘し、社会や経済のあり方の転換を求めた。
 日本には二酸化炭素(CO2)排出が多い石炭火力発電所の新設をやめ、既存のものは段階的に廃止する計画の策定を促した。企業等のCO2排出量に応じて課金する制度の強化も必要だとした。
 報告書は、人の活動による2018年の世界の排出量は553億d(CO2換算)で過去最高だったと推定。このままでは今世紀末に気温が3.4〜3.9度上がり、パリ協定に基づく各国の削減目標を達成しても3.2度の上昇になるとした。
 具体的な削減策として、再生可能エネルギーの拡大、省エネの強化、電気自動車の普及などを挙げた。
 地球温暖化の進行に伴い、豪雨や干ばつ、高温といった異常気象の増加が避けられないと見られている。世界気象機関(WMO)は9月、2015年〜19年が観測史上最も熱い5年間になるとの分析を発表し、対策強化の緊急性を訴えた。
 気象庁によると、日本では猛暑日の年間発生数が20世紀前半と比べ、最近の30年間は2倍になっている。激しい雨も増加傾向だ。1時間に50_以上の雨の回数を見ると、18年までの10年間の平均は、1985年までの10年間と比べ1.4倍に増えた。1日に200_以上の雨が降る回数も同じ期間に1.5倍になった。
 温暖化が進めば多くの地域でさらに豪雨が増え、気温は世界平均より速いペースで上がると予測されている。
 国連の気象変動に関する政府間パネル(IPCC)は、干ばつなどの深刻化で2050年に穀物価格が最大23%高くなり、今世紀末に世界の海面は1.1b上昇する恐れがあると指摘する。海抜の低い南太平洋の島国では海面上昇の被害に直面し、高台に移住を迫られる住民も出ている。004.JPG

 地球は破滅的な状況に陥ってきているのでしょうか。どうして真剣に受け止めて対策を講じようとしないのでしょうか。大統領選挙で当選するために支持してくれそうな人たちのことを最優先に政策を進めようとする自国中心主義のリーダーがいるからでしょうか。それだけではないでしょう。世界中が結束して地球温暖化に立ち向かうために結論を得る努力をすぐにでも具体的に取り組めるところから実行して行くことで成果が出るのではないでしょうか。何もしないで対策を講じないでいることでますます状況を悪化させてしまうのではないでしょうか。日本は世界レベルの最先端の技術力を生かして再生可能エネルギーを増やすことが求められているのではないでしょうか。毎年増え続ける自然災害を食い止めることができない状況になってきている以上は、お互いに助け合って生命を守るための対策が重要になってくるでしょう。日頃から住民が協力して訓練を積み重ねてお年寄り、体の不自由な人、子どもたちをどのようにして安全に避難させる真剣に考える必要があるでしょう。世界中でどのような災害が起きてどのような被害に遭遇するかわからない時代になってきているか真剣に受け止めすぐにでも個人レベルでもできることを積み重ね、世界中のリーダーたちが解決に向けて話し合い結論を導き出すように促す必要があるのではないでしょうか。既に遅いかもしれませんが、今からでもできることは実行して行かなければならないでしょう。RIMG0239.JPG
この記事のURL
https://blog.canpan.info/genkijuku/archive/3473
コメントする
コメント
プロフィール

元気さんさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/genkijuku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/genkijuku/index2_0.xml
お問合せは下記よりお願いします。返信にはお時間をいただく事がございます。