CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年05月13日

元気っ子クラブ キララ星

1歳から入園前の子どもたちが一緒に活動する、元気っ子クラブ キララ星。おそろいのピンクのジャージが素敵なゆき枝先生・陽子先生・美知江先生が親子を笑顔で迎えます。
「今日は何をするのかな?」子どももお母さんも楽しみに通っているそうです(^^)

DSCF1920.jpg

■活動日時:月曜日(月3回)、10:00〜11:00
■活動場所:田彦コミュニティセンター


お母さんたちにお願いしているのは、この時間だけは、お子さん一人だけのお母さんであること。きょうだいのいる子も、ここではお母さんをひとり占め。お子さんのペースに合わせて、お母さん自身も楽しんでもらっています。

手作りのエプロンシアターは「おおきなかぶ」。かぶを引っ張るお手伝いをした子どもたち。やっと抜けたかぶに大満足!楽しい音楽に合わせて体を動かすダンスではのびのび〜♪

DSCF1850.jpg DSCF1853.jpg

大好きなお母さんと手遊びうた。かわいい笑顔がたくさん!

DSCF1867.jpg DSCF1869.jpg

お母さんと一緒に作ったこいのぼり。ぽーんと飛ばしたり、一緒に走ったり、いろいろな遊び方があります。

DSCF1886.jpg DSCF1892.jpg

1時間のあいだに、歌や体操・踊り・手遊びうた・体を使った遊びなど、プログラムは次々変わります。「いろいろな体験・経験をしてほしいだけではなく、お母さんたちに『うちの子、こういうことが好きなんだ!』と新しい発見をしてほしいんです。」と先生。

参加者の中には、ずっと抱っこのお子さんや落ち着かないお子さんを気にしてしまうお母さんもいるそうです。そんなときは、「気にせず見守ってください。きっと興味のあることが見つかるからね。」とアドバイス。先輩ママでもある先生からの言葉が、お母さんたちをやさしくサポートしています。

遊びの延長で行われる「歯磨き」。会場の掃除を兼ねた「ぞうきんがけ」。先生方は、日常生活をきちんと身につけてほしいのはもちろんですが、危険だからと禁止するのではなく、お母さんの目がしっかりと届くところで、どうすると危なくないのかを学んでほしいと考えているそうです。

DSCF1910.jpg DSCF1918.jpg

「家庭ではできないことを自由に思い切り楽しみ、遊びながら団体生活のルールを自然に学んでほしい。そして、親子のふれあいを大切にし、子どももお母さんも心まで元気になってほしい。」先生方は専門の知識はもちろん、ご自身の子育ての経験を活かして、親子に寄り添ってくれています。

元気っ子クラブ キララ星では、入会前に体験をすすめています。ご自身やお子さんに合うかどうか、まずは一度遊びに行ってみてください。(文責:R)

☆げんき-NETひたちなか団体・サークル 元気っ子クラブ キララ星☆
http://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_3.php?dai=3&tyu=3&index=273






この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック