CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年05月28日

男女共同参画講座「ハーブのある暮らし」

〜フレッシュハーブを楽しむ〜
自然の優しいハーブティを試飲しながら、ハーブの育て方、ハーブティやハーブソルトのつくり方を学びました。心も体もリフレッシュする講座でした。

DSCF0910.jpg

■日時 2013年5月17日(金) 午前10時〜正午
■場所 男女共同参画センター
■講師 鹿志村恵美子さん
     (JHS認定ハーブインストラクター・ハーブスクールエルフィ主宰)


DSCF0823.jpg DSCF0810.jpg
ハーブへの関心が高く、定員を超えての申込みがあった講座でした。会場はさわやかな香りでいっぱい。色とりどりのハーブは目も楽しませてくれます。

DSCF0845.jpg
まずは鹿志村先生とハーブの出合いについてうかがいました。
自分の健康を考えてハーブティーを飲むようになったのがきっかけ。「この経験を皆さんにも」とハーブ教室を始めて10年が経ちました。
「自然な流れでハーブの勉強をするようになった」と振り返る鹿志村先生。水戸の植物公園の“ハーブ友の会”でも活躍。仲間と共に健康や美容に役立つハーブの勉強を続けています。

DSCF0829.jpg DSCF0857.jpg
ハーブはそれぞれに特徴があります。育て方や効能などそれぞれ違った個性を持っているそうです。うまく利用すると生活習慣病予防などに役立てることができます。
この日はフレッシュなミントとレモンバームのお茶をいただきました。この日朝づみした葉から漂う香気は格別。「旬のエネルギーを受け取ってとってほしい」「心と体を癒してほしい」という気持ちを込めて用意されたそうです。

DSCF0874.jpg DSCF0868.jpg
実習はドライハーブをつかった“ハーブティ”“ハーブソルト”づくり。配合表を見ながら材料をブレンドしました。用意された素敵な袋に詰めてお土産に。「さっそく家族にも味わわせたい!!」と参加者から大好評でした。

DSCF0954.jpg
最後はスライドによるハーブ紀行。北海道、神戸のハーブガーデン、ハーブのふるさと地中海…
先生が実際に訪れた美しい光景を解説とともにめぐりました。
好きなことを一生懸命追いかけ、周りに伝えていく鹿志村先生の姿勢から多くのことを学びました。
身近な喜びを大切にすることから何かが変えられそうという気持ちがわいてきました。(文責:N)

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック