CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年03月26日

手話ダンスクラブ 茨城たんぽぽ

流れるような手話と、心はずむステップの融合。
手話ダンスに取り組んでいる“茨城たんぽぽ”を取材しました。

DSCF9396.jpg

■日時 月1回 原則第3木曜日午後
■場所 市民交流センター多目的室


あまりなじみのない手話ダンスの世界。
コミュニティギャラリーのイベント“なんでもアリーナ”で練習と「サザエさん」「月の砂漠」「ふるさと」などの手話ダンスを披露してくださいました。

DSCF9397.jpg

はじめて見る手話ダンス。音楽に合わせてなめらかに進んでいきます。
一つ一つの手話はわからなくても、全身の動きから意味を感じ取ることが出来ます。
難しいと思っていた手話の世界に自然と入ることができました。

DSCF9913.jpg DSCF9888.jpg

普段の練習を見学させていただきました。
先生を迎えて、手話付けやステップの確認。
美しくありながら、曲の歌詞やテンポをしっかり伝えることが大切。
そのためにも指先だけでなく、腕や体全体を使って表現しなくてはなりません。
先生の指導の下、何度も繰り返しながら練習を重ねる皆さん。
次第に曲のイメージに合わせた手話ダンスが出来上がっていきます。

DSCF9378.jpg

茨城たんぽぽが誕生したのは2004年のこと。
全国的な組織であるNPO法人手話ダンスYOU&Iに所属。
全国大会では聴覚に障がいがある方も一緒にダンスを行います。
音をたよりにしなくてもみんなの動きがぴったりとあい、感動的な場面だそうです。
このような機会が皆さんの研鑽の場になっているとのことでした。

DSCF9386.jpg

茨城たんぽぽはボランティアとして、高齢者施設の慰問を行っています。
衣装や演出を工夫したり、みんなに愛される曲目を用意したり・・・
はつらつとした手話ダンスを利用者さんは毎回楽しみにしています。

また学校で教えることもあります。
最近では「手のひらを太陽に」を親子を対象に教えました。
みんなの笑顔がはじける、楽しい時間になったそうです。

誰でも楽しめる手話ダンスの魅力を伝える茨城たんぽぽの皆さん。
一度、手話ダンスの世界に触れてみませんか?    (文責:N)

☆げんき‐NETひたちなか団体情報 NPO法人手話ダンスクラブ 茨城たんぽぽ
http://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_3.php?dai=3&tyu=4&index=1160

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック