CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年12月25日

「要約筆記サークル つくし」勉強会

聴覚障がいを持つ方に情報を伝える「要約筆記サークル つくし」の皆さん。

DSCF8629.jpg

技術の向上を図る定期的な勉強会を月2回行っています。
その様子を見学しました。

11月22日のラジオ番組“まちづくり情報館「ひたちなか」に出演した「要約筆記サークル つくし」。
地道に自己研鑽を重ね、活動を続けている様子をお話しくださいました。
↓出演の様子はこちらから
https://blog.canpan.info/genki-net/archive/724

DSCF8642.jpg DSCF8631.jpg

12月の勉強会では出演したラジオ番組の録音CDを教材に使用しました。
刻々と流れていく音声を聴き、頭の中で要約し、ポイントをフィルムに書き出していきます。
スクリーンに映し出された文章を見守る聴覚障がいを持つメンバーの姿もあります。

DSCF8646.jpg

意見交換会では、利用者の立場に立った話し合いが行われました。
 ・話者が誰かを明らかにすること
 ・音声をそのまま書き出すのではなく、ある程度聴きだめをして要約すること
 ・語尾の省略について
聴覚障がいを持つ方の意見は技術向上の貴重な糧。改善につなげていきます。
要約筆記について今後どのように知らせたらよいかも考えました。

勉強会の間、「情報保障」のあり方ついて何度も話し合われました。
聴覚障がい者と情報をつなぐ「要約筆記サークル つくし」の皆さんの熱意を感じました。
 ※情報保障
  身体的な理由で情報を得ることができない方に、代わりの手段で情報を提供すること

もっと要約筆記を知りたいという方の見学を受け入れています。
興味のある方はお気軽にご連絡くださいとのことです。(文責:N)

☆げんき-NETひたちなか団体情報「要約筆記サークル つくし」
http://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_3.php?dai=3&tyu=6&index=1384


この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック