CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年02月08日

祝・茨城遊びのサポーター10周年


かわいい祝 10周年かわいい
子どもに豊かな遊びの体験と笑顔を届けるボランティア団体「茨城遊びのサポーター」。
創設10周年の記念の会を取材しました。

<10周年祝・第18回こどもの遊び実践研修会>
■日時 2012年1月29日(日)10:00〜15:00
■場所 しあわせプラザ



茨城遊びのサポーターは県域で活動する子どもの遊びの支援団体。
2001年11月18日の設立以来、「こどもの遊び実践研修会」の開催、移動児童館事業の実施、子供会や子育ての支援各種イベントへの参加など、幅広い活動を行ってきました。


10周年のお祝いの会場には、メンバーをはじめ、来賓の方々、支援者の皆さんなど多くの方が集いました。代表の菅原幹郎さんの挨拶では、活動を支える方への感謝の言葉と、会員から寄せられた思いが述べられました。

<会員の思い>
四つ葉少子高齢化、核家族化の中で、地域の教育力が不可欠な時代になっています。
 “遊び”を通した“子育て支援”地域の輪づくりができたらよいですね!!
四つ葉それぞれの地域の身近な子育て支援、地域ぐるみの子育て支援の推進役でありたい。
四つ葉子どもたちと共に過ごして、いろんな遊びを体験させたい。
四つ葉子どもの遊びの好きな仲間同士で力を合わせ、意思交流を深め楽しい活動を展開したい。

活動の後、子どもたちに「何が楽しかった?」と問いかけるそうです。
「全部楽しかった!!」という歓声を聞くと皆さん心が温かくなるとのことでした。


続いて、来賓による祝辞、感謝状の贈呈、活動発表と会がすすめられました。
10周年を迎える喜びを分かち合う時間となりました。


式典のあとは(社)日本フィットネス協会公認インストラクター1級指導者 小貫由美さんによるこどもの遊びの指導。大人も子どももみんなで楽しめるレクレーションを体験し、会場に笑い声があふれました。午後はクラフトやアイスブレーキングを楽しみました。

活動を長く続けるのは大変なこと。活動にあたっては明確な事業方針を立て、それを忠実に実行してきたと菅原代表は言います。子どもたちに笑顔をとメンバー同士が協力し、日頃からきめ細かい準備を積み重ねています。そういう地道な努力が人と人を結び、継続につながっていくのだなと改めて思いました。

これまでの歴史を土台に、また新たな歩みへと踏み出す茨城遊びのサポーターの皆さん。10周年、本当におめでとうございます。今後の活動にも期待しています。
(文責:N)

☆げんき-NETひたちなか 団体紹介 ボランティア支援団体茨城遊びのサポーター
http://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_3.php?dai=3&tyu=7&index=120
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック