CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年02月02日

救命救急講習会


みんなが安全に活動するために・・・

ガールスカウトのリーダースクラブで行われた救命救急講習会を見学してきました。
身近な人の生命を守る救急法の重要性を再確認しました。

■講師:応急手当指導員

ガールスカウトではより安全な活動を目指し、リーダーの研修に救急法を随時取り入れています。
この日はひたちなか勤労青少年ホームで,応急手当指導員による講習を受けました。

救急法は5年ごとに見直しがされ、みんながより安全に、早急に対応できる方法が考えられています。
1年に1回講習を受けることが理想とのこと。
救急車が到着するまでの,周囲の人の迅速な初期対応・・・
それが命を守ることにつながります。

まずは講師の話と映像による説明から。
意識の確認,周囲への声かけ(119番通報への協力など),気道確保,人工呼吸,心配蘇生,AEDの使い方などの基本を見直しました。

いよいよ,人形を使った実習です。
はじめに1人で全ての流れを行ってみます。
説明は聞いたけど,実際やってみると勝手が違う!!
手順を間違えたり,心臓マッサージで上手く力が入らなかったり。
指導員の方がそのつど丁寧に説明してくれるので,恥ずかしさはありません。
グループ内でお互いの実習を見学し,振り返りを行うことで効果的に学ぶことができました。

後半は2人組で実習。
現場では救急車が来るまで,救急法を続けなければなりません。
1人で頑張るのではなく,周囲にいる人と協力しながら対処していくことがポイント。
通報,心臓マッサージ,AEDの使用など,やらなくてはいけないことを状況に合わせて,どのように分担し,協力していくか?
柔軟に対応する大切さを学びました。

最後に参加者に講習修了証が渡されました。

事故や病気による心臓停止はいつ起こるかわかりません。
そのとき周りにいる方が救急法を身につけていたら,命を救える可能性が高まります。
身近な方を救うために,活動を安全に行うために・・・
皆さんも救急法講習会を受けてみませんか?

10〜30名集まれば、団体で講習会を実施することができるそうです。
個人1人からでも各消防署でのウェルカム講習会に参加できます。
くわしくは各消防署にお問合せください。
(文責:N)


☆げんき-NETひたちなかイベント情報 1人でも受講できるウエルカム救急講習会
 http://www.genkinet-hitachinaka.jp/event_show.php?id=3567
この記事へのコメント
くみこ様

私も数年前受講しましたが,内容をすっかり忘れていました。より多くの方の命を救うために,救急法の普及に励んでいらっしゃる指導員の皆さんの熱い思いを感じながらの実習。これで何かあっても落ち着いてAEDが使えそう。

くみこ様も機会があったら講習会へ足を運んでくださいね。1人でも多くの方が救急法を行えればとのことです。ぜひお友達も・・・
Posted by N at 2012年02月07日 09:42
さとの様

ウェルカム講習会は1人からでも受けられるので,いいですね!!

5年ごとに救急法は見直されているとのこと。今度ぜひ受講して,ブラッシュアップしてみてくださいね♪きっと新たな発見があると思います。
Posted by N at 2012年02月07日 09:38
心臓マッサージを 小学校のPTA講習会で教えて頂いたのが、う〜ん。。。15年も前???その頃はAEDもなかったし、勉強しなきゃと思いました!ひとりじゃ。。。友達誘ってみます!
Posted by くみこ at 2012年02月02日 13:30
ひとりでも受けられるというのがいいですね。

結婚前の仕事の都合で5年くらい前に受けたのですが、
それっきりとんと講習を受けてません><;
今年こそ受けようと思うのですがで、ここの所第1週の
日曜日は予定が入ってることが多くなかなか受けられずにいます。
Posted by さとの at 2012年02月02日 12:07
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック