CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年12月01日

子育てサロン たんぽぽ


「ご近所同士、仲良く楽しく暮らしましょう!」とお互いを思いやる心であたたかな活動を続ける小貫山地区のみなさん。月1回開かれる「子育てサロンたんぽぽ」を訪ねました。

■活動日時:第3火曜日(8月は休み) 9:30−11:30
■活動場所:小貫山集会所
■持ち物:お子さんの飲み物、ママ用マイカップ

※お茶・おやつは会で用意します。
※お菓子・おもちゃの持ち込みはご遠慮ください。


隔月で近くの保育園の出前保育も利用していますが、この日はたんぽぽ自慢の自前保育の日。担当しているのは、サポーターの直子先生。ご自分のお子さんもたんぽぽを卒業したサロン利用者の一人です。

大型絵本、オルガンに合わせて手遊びうた、リズム遊び、ロケットごっこ。
次々と続く楽しい遊びに子どもたちの目がキラキラ輝きます。


手作りマラカスを歌に合わせて鳴らしたり・・・
新聞紙を丸めたボールをダンボールにしまう「お片づけゲーム」に夢中になったり・・・
広げると海みたいな大きな布の下で飛び跳ねたり・・・

子どもたちは転んでも、ぶつかっても、楽しそう。
そして、お母さんたちはとってもうれしそう。 


親子工作の時間には、トイレットペーパーの芯を利用して、みの虫を2匹作りました。
サポーターのみなさんのまなざしはあたたかく、お母さんや子どもたちと膝を合わせてお話する姿がとってもほんわかハートです。


笑顔の素敵なサポーターのみなさんに、活動に参加したきっかけをお聞きすると、「私が誘っちゃったのよ〜」と先輩サポーターさん。設立者の一人である川崎さんも「若い方が一緒になってがんばってくれているから、心強いのよ。」とうれしそう。

また、毎回発行される活動報告「たんぽぽ日記」。実はサポーターさんの原稿をパソコンで作成してくれるのは利用者のお母さん。「引っ越したばかりの頃は、ご近所との交流がなかなかありませんでした。ここへ来てみなさんと知り合えて、本当によかったと思っているので、お手伝いできるなら。」と、引き受けてくれたそう。

*  *  *  *  *  *  *  *  *

思いやりが、このあたたかな「たんぽぽ」を支えています。
お近くの方はぜひ一度、訪れてみませんか。
(文責:R)

☆げんき-NETひたちなか団体・サークル情報 子育てサロン たんぽぽ☆
http://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_3.php?dai=3&tyu=3&index=1078
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック