CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年11月10日

ラジオ番組“まちづくり情報館「ひたちなか」”vol.18


11月3日の放送は「ひたちなか生活学校」。
白土さん,飯田さん,栗原さんが出演しました。

ラジオ番組“まちづくり情報館「ひたちなか」”     
◆放送日時 毎週木曜日 12:00〜12:15
◆放送局 FMぱるるん(76.2MHz)
◆放送期間 平成23年7月〜12月(全25回)



ひたちなか生活学校の設立は昭和42年。会員数は現在79名。身近な暮らしに役立つ様々な問題に取り組む女性たちが,共に学び,親睦をはかる団体です。

平成23年度の課題は「東日本大震災の復興のために,私達のできることを実践しよう」。「暮らしの中でのゴミの削減」,「被災者への支援」,「風評に対する賢い消費者として,放射能汚染について学ぶ」などの具体的な活動に取り組んでいます。


今回の番組で特にご紹介いただいたのは,震災の経験を踏まえた料理教室。缶詰を使ったメニュー,鍋を使った炊飯など,電気が止まった中でも生活していく技術を「こどもと一緒にクッキング」などの講座で伝えてきました。さらに12月13日には県内の他の生活学校とともに缶詰や保存食を使った調理実習を行うそうです。


また11月5日〜6日に行われたみんなの消費生活展にブースを設置。活動の展示発表や,牛乳パックを使った手漉き和紙づくり体験などを行い好評でした。


身近な暮らしの中の問題を実践を通して考え、地域づくりに活かしていく生活学校の活動。「大勢の方と一緒に活動していきたい」とのメッセージ。興味がある方は消費生活センター(029-273-0111)へお申込みください。
(文責:N)

☆げんき-NETひたちなか団体情報 ひたちなか生活学校
http://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_3.php?dai=3&tyu=7&index=858

☆げんき-NETひたちなかスタッフブログ ひたちなか生活学校(定例会の様子を紹介)
https://blog.canpan.info/genki-net/archive/527
この記事へのコメント
くりちゃん様

コメントありがとうございます。メニューが更に展開していますね!!
震災後の電気のない生活・・・思い出すのは辛いですが,日頃から備えをしておけば今後は心に余裕が持てそうです。
暮らしのいろいろなこと,また教えてくださいね♪
Posted by N at 2011年11月11日 11:37
くみこ様

生活学校の皆さんの工夫にはいつも感心してしまいます。どんな状況でも生活を大切にする姿勢が素敵です。私も美味しいものは大好き。缶詰料理に興味が湧いてきました。楽しみですね♪
Posted by N at 2011年11月11日 11:31
震災の後3日間電気の無い生活で私たちは「お料理どうしよう!」と考えました。保存食や缶詰をそのままでは味気無い。そこでひと工夫…実践へ…サバ缶のハンバーグはこうして生まれたそうです。12/13にはさらに改良された高野豆腐入り”サババーグキノコあんかけ”etc…を作ります。
くみこさん、展示を見て下さりありがとうございました。今後とも応援お願いします。
Posted by くりちゃん at 2011年11月10日 18:47
10月30日に、中央公民館祭りで、生活学校の展示を見ました。震災の時、缶詰は味気ないの声に、缶詰だけを使って美味しく食べる工夫をした展示。写真でしたが、とっても美味しそうでした!12月13日に県内の他の生活学校とともに缶詰や保存食を使った調理実習を行うとか。美味しいものが、できるんだろうなぁ♡
Posted by くみこ at 2011年11月10日 18:01
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック