CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年11月21日

青少年のための科学の祭典2011 ひたちなか大会


「青少年のための科学の祭典2011 ひたちなか大会」が行われました。
今回は南極からとっても素敵なプレゼントが!!
子どもだけでなく,大人まで夢中。科学の魅力満載の2日間でした。

■日時:2011年11月5日・6日 午前10時〜午後3時30分
■場所:市総合体育館地下1階



毎年好評の「青少年のための科学の祭典」。
今年も会場にはたくさんのお客さんの姿がありました。
楽しい科学実験ブースが47もあり,どれに参加していいか目移りしてしまいます。
自分でつくったものは,持ち帰ることができます。
おうちに帰ってからも楽しめるなんてすごい!!


例年より自然科学分野の出展が多かったのが特徴。
震災を受けて地震や節電に関するテーマもありました。
身近なテーマだけに説明をきく表情も真剣。


今回の目玉企画「南極との同時中継」。
南極とひたちなかが映像で結ばれました。
観測隊員に子どもたちが質問する時間も。
こうやって話していると遠いはずの南極を近くに感じるから不思議。
被災地ひたちなかと姉妹都市石巻に向けて観測隊員からエールが送られました。


会場のあちこちで見られたのは,子どもたちのキラキラしたまなざし。
科学のおもしろさにすっかり魅入られた様子でした。
ここから優れた科学者がぞくぞく生まれそう!!

毎回パワーアップしている「青少年のための科学の祭典」。
来年の展開に早くも期待が高まります。
この楽しい催しがずっと続くことを願っています。
(文責:N)

☆青少年のための科学の祭典2011 ひたちなか大会ホームページ 
  http://kagaku.npo-nakanaka.org/
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック