CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年11月29日

友愛会〜銭太鼓で絆作り〜


銭太鼓で健康維持!
底抜けに明るく、笑いあふれる「友愛会」です!

■活動内容:銭太鼓の習得(月2回)・施設訪問などのボランティア活動
■活動日時:第1・3木曜日 19:00−21:00
■活動場所:大平会館


初めてお会いしたとは思えないほど、気さくにお話してくださるみなさん。
早速、演技を披露してくれました。


銭太鼓は民族芸能楽器の一種で、竹筒型のバチの中に仕込んだ銭の触れ合う音を利用し、リズムをつけながら振り付けをします。にぎやかな音楽に合わせて「ジャラジャラ」と響く景気のよい音は、聞いていて楽しい気分になります。聞けば、島根県などでは盛んに行われているこの銭太鼓。どのような経緯でみなさんは出会ったのでしょうか?


会を立ち上げ、みなさんを指導している打越さんにお話をうかがいました。
もともとサークル活動が盛んな大平地区。打越さんや他の会員さんは、フラダンスやグランドゴルフなどでご一緒に活動しています。みなさん元気で活動しているものの、これからのことを思うと「いつまで健康でいられるのか・・・」。思い当たったのが、銭太鼓。


「足腰が弱っても、腰の負担なく座ってできる銭太鼓ならずっと続けていける」と早速サークルに入り、技を習得し、みなさんをお誘いして「友愛会」が生まれました。背筋を伸ばし、腕を回すときは肩も使って大きく動かします。腰痛や肩こりが解消すると、みなさん熱心に練習に励んでいます。

しかし、みなさんの元気のもとは健康だけではありません。
それは、練習の間にポンポン交わされる会話から感じる温かいぬくもり。

3月11日の東日本大震災のあと、活動は自粛したほうがよいのではという思いもありました。それでも6日後の活動日には、元気な顔が。だれもが不便な生活をしていたけれど、おにぎりや煮物などが持ち寄られ、みんなで元気を分け合いました。

「あのときのおにぎりの味は忘れないわ。」みなさん、口をそろえます。人と人のつながりの大切さに改めて気づかされたあのとき。友愛会のみなさんの絆もよりいっそう深まったに違いありません。

*  *  *  *  *  *  *  *

楽しくにぎやかに活動するみなさんは、このありあまる元気をたくさんの人に届けたいとボランティア活動にも熱心に取り組んでいます。興味のある方は、私たち市民活動コーディネーターにぜひお問い合わせください!
(文責:R)

☆げんき-NETひたちなか団体・サークル情報 友愛会☆
http://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_3.php?dai=3&tyu=4&index=1545
この記事へのコメント
八巻様
はじめまして。コメント、ありがとうございます。

銭太鼓の景気のよい音は本当に元気が出ますね。
慰問ボランティアでも喜ばれていることと思います。
友愛会のみなさんは、まだボランティア活動を始めたばかりですが、みなさん意気込みに燃えています。

八巻様とお仲間のみなさんが、銭太鼓でますます元気になり、末長く素晴らしい活動を続けていかれますことをお祈りします。
Posted by げんき-NETひたちなか at 2012年05月24日 13:44
はじめまして。。。
私はお隣の県 福島県のいわき市で 銭太鼓のサークルに参加しています。
やはり 慰問ボランティア中心に活動しています。
以前は多くの会員がいたのですが、今は10名程度です。

頑張って活動されてくださいね。
Posted by 八巻洋子 at 2012年05月23日 10:11
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック