CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年11月14日

書道クラブ in 中央公民館

SKMBT_C552D13012911400.jpg
10月30日に行われた中央公民館まつりに作品を展示している書道クラブのみなさんにお会いしてきました。

◆活動日時:主に第2・4火曜日 9:00−12:00
◆活動場所:中央公民館
◆会費:1,500円/月

〜会員募集中です!〜

「好きなことを続ける」
シンプルな想いをつなげながら、50年以上活動を続けている書道クラブ。みなさんの活き活きとした表情がとても印象的でした。


みなさんの指導をしている三代目講師の玉津啓園さんも、実はこのクラブで書道の奥深さに触れ、現在に至っています。きっかけは、「子育ての合間に少しだけ自分の好きなことができたら・・・」という想い。今は、ご自分にとって大切なものとの出会いとなったこのクラブが、いつまでも続くことを願っています。


「書道クラブ」の活動は、それぞれが自宅で練習をし、活動日に作品を持ち寄り、先生の指導を受けるというもの。「体が疲れていたり、心配事があると、上手くいかないけれど、書いているうちに心が無になってくる。」「厳しい指導がとても良い。先生が実際書く姿は感動するよ。」

そんな熱心な生徒ばかりだから、先生もいつでも真剣。手本を書く時に「これで良し!」と思うまでに何枚でも書きますとのこと。また、県展で作品を鑑賞するのも活動のひとつ。「1文字でも、こんな字が書きたいという作品に出会えれば、今後につながる」のだそうです。


会員のみなさんの声をお届けします。
「先生の指導のように書くと、前より上手くなるのがうれしいわね。」
「なかなか思い通りにいかないから、上手くいった時の感激が大きいよ。」
「やればやるほど欲が出て、満足しない。難しいからおもしろいの。」
みなさんの書道が好きな気持ち、ものすごく伝わりますね!

*   *   *   *   *   *

「みなさんの上達が目に見え、その喜びが顔に出る瞬間、やっていてよかったと心から思います」と玉津先生。勉強熱心な書道クラブは強い信頼関係に支えられ、続いてきたのだなと感じる一言でした。
(文責:R)

☆げんきーNETひたちなか団体・サークル情報 書道クラブ☆
http://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_3.php?dai=3&tyu=4&index=242
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック