CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年11月07日

ふれ愛サロン「紫芳の字手紙」


一文字に心をこめて。贈る人へ気持ちが伝わる年賀状を書こう!
今回のふれ愛サロンは「紫芳の字手紙」の寺門芳雲先生に教えていただきました。

★日時 10月29日(土)10:00-12:00
★場所 ふれ愛ひろば
★講師 寺門芳雲先生



まずは先生が用意してくださった、額の作成から始まりました。「みなさんの喜ぶ顔が見たくて、安くしかも素敵に作れるものを考えてきました。」と、ニコニコ優しく作り方を教えてくれる寺門先生。この額に入れれば、年賀状も立派な作品になります。季節ごとに言葉を変えて飾るのも素敵です。


額ができたら、いよいよ一文字年賀状の練習です。まずはお手本から好きな文字を選び、半紙に練習。「太いところ、細いところを出すとうまくいきますよ。」「余白を大切に。美しくなります。」

先生のアドバイスを受けながら真剣に練習を続け、いよいよ葉書に清書です。思い思いの一文字が仕上がっていき、最後に先生から言葉に合う印を押してもらいました。


そして、参加者全員でお互いの作品を鑑賞。「あら素敵!これ、売れるんじゃない?」なんて褒められた方もうれしそう。「タウン誌を見て今回のサロンを知り、笠間から初めてここに来ました。はるばる来た甲斐がありました。」と、笑顔で感想を話して下さる方も。

寺門先生は、普段は公民館の講座で指導したり、ボランティアで施設の高齢者に教えたりしているそうです。「今日は楽しくできましたか?」という先生からの質問に、全員が「大満足〜!」。年賀状で出すのがもったいないかも〜?それほど素敵な作品ができました(^^)
(文責:K)

★紫芳の字手紙 げんき-NETひたちなか団体・サークル情報★
http://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_3.php?dai=3&tyu=4&index=1183
この記事へのコメント
未来さま

とっても穏やかで生徒さん思いの先生でしたね。
あんな素敵な額を考えて、材料の準備をしてくれて、
参加者の皆さん、とっても喜んでいました。

金や銀の顔料を含ませた作品も素敵でしたよ。
未来さんが書いてあの額に入れたら、ほんとに売れちゃいますね(^.^)
Posted by K at 2011年11月09日 09:34
手作りの額ステキでしたね。私も、早速家に帰って作ってみました。(^_^)v
薄墨で書く文字もステキ、女性好みの講座でしたね。遠く笠間からの参加も
嬉しい限りです。取材もお疲れ様でした。
Posted by 未来 at 2011年11月08日 22:21
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック