CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年06月22日

高野詩吟同好会


30年以上の歴史を持つ、高野詩吟同好会。
コンクール前の真剣な練習の様子を見学させていただきました。

★活動日時:月3回火曜日 PM1:00-4:00
★活動場所:田彦公民館
★会費:月3000円(入会金1000円)


岳謙流吟道岳謙会高野支部である高野詩吟同好会。


岳謙流吟道岳謙会は、ひたちなか市が発祥の地。総家椿本謙風先生がお亡くなりになった後、川野邊司風先生が引き継がれ今年で36年目だそうです。

川野邊先生に30年以上前から指導を受けているという代表の宮本昇さんは、「声を出すことによって体力がつき、健康に非常に良い。そして川野邊先生ご指導のもと、漢詩の勉強に励み、会の皆が様々なコンクールで優秀な成績をおさめていることが最大の喜びです。」と、長く詩吟を続けている理由を教えてくれました。


皆さんにお話を伺うと、「お友達に誘われて」「職場の先輩の姿に憧れて」など、はじめたきっかけはさまざま。向上心を持ち続け、何十年も継続しているすばらしい方達ばかりです。どなたからも川野邊先生のご指導でさらに精進したいという、熱心な気持ちが伝わってきました。


詩吟をはじめてみたいと思っている方に伝えたいことは?と川野邊先生にお伺いしたところ、「難しく感じる方が多いかもしれないけれど、漢詩だけでなく和歌や俳句もあって親しみやすいものです。堅苦しく考えず、気楽に来てみて下さい。伝統芸能は楽しくやるものですから。」と、温かい言葉をいただきました。

茨城県吟士権コンクールの地区予選がまもなく開催されるそうです。
日頃の練習の成果が出せますように、心から応援しています。
(文責:K)

★高野詩吟同好会 げんき-NETひたちなか団体・サークル情報★
http://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_3.php?dai=3&tyu=4&index=1514
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック