CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年05月26日

ひたちなかクラブ〜仲間とともにいつまでも〜


仲間と一緒に,好きなことを,いつまでも続けられたら,どんなにいいでしょう。
それを実現している団体があります。
60歳以上のメンバーで構成する野球クラブ「ひたちなかクラブ」です。
「一度見においで。」お誘いをいただき,取材にうかがうこととなりました。

■団体名 ひたちなかクラブ 還暦野球チーム(60歳以上)・古希野球チーム(70歳以上)
■設立年 平成9年
■登録者数 42名
■活動日 毎週水・土曜日
■チーム紹介 上手下手は関係なく,人の和,健康を第一に心懸け,いい汗を流しています。(全国大会冊子より)



この日は古希チームが「日立球友クラブ」との練習試合を行う日。
試合前の練習を見学させていただくことにしました。
練習開始の9時。石川運動ひろばを訪れると,すでに準備運動が始まっていました。

ユニフォームの鮮やかな青が目に飛び込んできます。
設立当初からユニフォームはこの色。チームの誇りです。
目の前で練習メニューが,次々と展開されていきます。


■最初に稲橋正義監督に活動についてうかがいました■
ひたちなかクラブはもともとあった熟年・壮年野球チームをもとに設立しました。
当初のメンバーは10人。声がけをしながらメンバーを増やしてきました。
設立当初は体力の維持が目的でした。

設立初期に大会に出場したところ,県で準優勝。
設立4年目には全国大会準優勝。
準優勝旗を手にしたときは,嬉しくて体が震えました。
これまでに全国大会は7回出場しました。
山口,東京,岡山,秋田・・・旅行のようで楽しいですよ。

練習は週2回,ほとんど欠かさず行います。
やっぱり勝ちたいという気持ちがありますから,厳しくなります。
でも,みんな野球が好きだから頑張れるのです。
その他にもランニングなど自主トレを行うメンバーもいます。
何人か集まって合同自主トレを行うこともありますね。

もちろん会員の親睦も大切にしていますよ。
大会で泊りがけになったとき,懇親会をしたりね。
活動を続けていられるのも,会員の奥さんや家族の理解や協力があってこそ。
ありがたいと思っています。

■チームの要,根本光雄会長にチーム維持の秘訣を教えていただきました■
このチームは野球が好きな人が集まって出来ています。
野球はチームプレーが大切。個人プレーは許されません。
みんなスポーツマンだし,社会でもまれてきたから,ルールや組織がどんなものかをわきまえて行動します。
それはみんな守っていて,それぞれの役割を果たしています。
だからチームで和気あいあいと活動ができるのです。
まとめる上での苦労・・・?みんなよくやってくれるから,ないですよ。
交流は大切にしています。
活動は元気のもと,病気知らずです。


周囲を見ると,チームプレーで動いていることがわかります。
練習がスムーズに出来るよう配慮している方,ユーモアでみんなの気持ちを盛り上げる方,慣れない私たちにボールが当たらないようガードしてくれる方!!
お互いを思いやりながら,チームを支えているんですね。

■メンバーからこのような声を聞きました■
・みんなと元気に,長く野球を続けていきたい。
・野球はもう生活の一部。野球好きから野球をとったら何にも残らないよ。
・試合も大切だけど,日々の練習が一番大切だね。

気持ちよい緊張感のなかに,イキイキとした笑顔,ユーモアあふれる会話が至るところで見られ,心地よい雰囲気を作り出しています。
それに引き付けられ,多くの方がグラウンドの外から練習を見ています。



いよいよ,練習試合が始まります。
名残惜しいですが,取材はここで終了。
この日の試合,皆さん大変活躍されたと後日うかがいました。

この取材を通してたくさんの元気をいただきました。
これから大会本番を迎えます。
ますますのご活躍を楽しみにしています。
皆さんお元気で,好きな野球をいつまでも楽しんでください。
(インタビュー:R 文責:N)
 
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック