CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年07月21日

おらが湊鐡道応援団作品展

一時は廃線の危機にあった鉄道が、ひたちなか海浜鉄道湊線として2008年に再スタート。2021年1月に国営ひたち海浜公園西口までの延伸事業が認可され、3月には新駅「美乃浜学園駅」を開業するまでに…。その陰にはたくさんの方々の応援があったことをご存知でしょうか?

IMG_4851.jpg

★期間 7/21(水)〜7/26(月) 10:00〜20:00(最終日は16:00)
★場所 市民交流センター コミュニティギャラリー


ひたちなか海浜鉄道を守ろうと地域の方が中心となり、結成したのが「おらが湊鐡道応援団」。沿線の風景画や四季折々の写真でその魅力を発信したり、駅周辺に桜の木や草花を植えたり…。皆さんそれぞれの得意なことで湊線を応援しています。

IMG_4834.jpg IMG_4831.jpg

延伸事業認可を機に、茨城新聞では「おらが湊鐡道応援団」写真部の皆さんが撮影した未公開写真の掲載を開始。連日の記事を貼るとオリジナルの日記帳になる、「湊ダイアリ―」ノートとともに展示しています。

IMG_4816.jpg IMG_4825.jpg

壁には、湊線の撮影ポイントを熟知した方ならではの美しい風景や、人々の暮らしの写真が多数並びます。

IMG_4824.jpg IMG_4829.jpg

平磯、磯崎、阿字ヶ浦地区の小中学校が統合し、2021年4月にスタートしたひたちなか市立美乃浜学園の写真も展示。それに先立ち開業した「美乃浜学園駅」では、子どもたちが初登校に向け乗車訓練をしました。

IMG_4799.jpg IMG_4804.jpg 
 
また、沿線の桜を描いた風景画の下には、その桜の小枝で作った可愛らしい人形達が並びとてもにぎやか。「奉行橋と周辺の風景」という絵画は、春・秋・冬と季節で表情が変わる様子を3部作で描いています。

IMG_4839.jpg 古い写真.png

その他、ひたちなか市の古い町並みを感じることができる資料も併せて展示していますので、ぜひご覧ください。

なお、ご来館に際しては、受付名簿へ氏名、連絡先をご記入のうえ、マスク着用、アルコール消毒、人との間隔を空けるなど、新型コロナウイルス感染拡大防止対策にご協力いただきますようよろしくお願いたします。

(文責:E)

☆げんき-NETひたちなか団体・サークル情報 未来へ走れ!おらが湊線☆
https://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_3.php?dai=3&index=1015&from=1&koukai_sinsei_flg=2
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック