CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年05月19日

ネモフィラの会

ひたちなか市に新たなサークルが誕生しました!(^^)!
その名は“ネモフィラの会”。花を愛し、アレンジメント好きが集うメンバーが楽しく活動しています。

1ね.png

■日時 2021年4月24日(土) 10:00〜12:00
■場所 市民交流センターひたちなか・ま 多目的室


このネモフィラの会は、講師に岡崎ひろみさんを迎えた、令和元年度げんき-NETひたちなか主催の市民活動学習会が始まり。「これで終わってしまうのは寂しい。引き続き指導を受け、楽しい時間を共にしたい」と、学習会に参加した受講生から声が上がったことをきっかけに発足しました。それ以降、“岡崎ひろみフラワー教室(仮)”という名称で団体発足に向けて準備をしていましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、今年の1月からやむなく休止に…。そんな皆さんでしたが、“ネモフィラの会”として新たなメンバー1名も加わり、総勢11名でスタートすることができたそうです。

m5.png m4.png 

m3.png ね.png 

まず、2班に分けたグループがそれぞれ交代でテーブルを並べ、体温チェックや材料を各テーブルに配るなど、手際よく準備をすすめていきます。約3ヵ月ぶりの再開ということもあり、マスク越しでも皆さんの嬉しそうな表情が伝わってきました♪

m6.png ね.png 

今回の作品は、レース模様の土台にドライフラワーのカーネーションやユーカリ、紫陽花のブリザーブドフラワーなどたくさんの種類の草花をあしらった、“母の日バージョンの壁飾り”。

m12.png  m1.png

「今日は、土台の中央にあるオアシスに、お花をクレッシェンド(三日月のように活けること)に挿しこみましょう。この作品は、壁に吊り下げるものなので、材料を残さず使いきって、オアシスを隠すように活けましょう」と、ポイントについて説明してくれた岡崎先生。見本を参考にしたり、時には先生のアドバイスを受けながら楽しそうに作業を進めていました。

m11.png n1.png

完成した作品は、同じものがひとつとない個性光るものばかり。
「どこに飾ろうかしら」「あら、こんな風に活けると素敵ね」などと、お互いの作品を見比べて楽しそうに鑑賞しながら、心豊かな時間を過ごすことができたようです。

n5.png
 
そして最後は、椅子やテーブルの除菌、床掃除をしてこの日の活動は終了。
「元気でまた会いましょうね」と朗らかな声で挨拶し、会場を後にするネモフィラの会の皆さん。これからも、素敵な作品を作り続けてくださいね(^_-)-☆
(文責:S)

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック