CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年03月18日

川上友久写真教室展

木々や花が芽吹き始める様子に、春の訪れを感じる季節となりました。
各自が好きなジャンルで写真ライフを楽しんでいる“川上友久写真教室”3度目の作品展を開催しています。

IMG_0611 (2).jpg

★期間 3/17(水)〜3/22(月) 10:00〜20:00(最終日は16:00まで)
★場所 市民交流センター コミュニティギャラリー


今展は、講師の川上友久さんを含む10名の方々の約20作品を展示。今まで撮りためた多くのものの中から、選りすぐりの逸品が並びます。

IMG_0596 (2).jpg IMG_0573.jpg

「まずは、写真で楽しく遊ぶこと。そして、自分の個性を出して感じたことや考えていることを、写真で表現するように指導しています」と話してくれた川上さん。今回は「混迷する時代」というタイトルのモノクロ写真を出展。今後、さらにコロナ禍で人々が混迷するであろう“予兆”を表現したそうです。

IMG_0575 (2).jpg IMG_0580 (2).jpg

IMG_0606.jpg IMG_0586 (2).jpg

白と黒、光と影が織りなすモノクロ写真。題材は、風景や何気ない日常のワンシーン、アートなものなど様々…。“個性を出して表現する”という指導を受けている皆さんの作品は、どれも個性溢れるものばかり♪

IMG_0591 (2).jpg IMG_0610.jpg

それらの写真の中に、人と車が行き交う街中を背景に、覆い被さるように険しい表情の黒猫を写したものや、青い光を放つキャンドルの上を、幾重もの赤い糸が漂うように写されたものなど、どんな技法で撮影したのか聞きたくなってしまう作品も展示されています。
展示期間中、教室の皆さんが交代でギャラリーに常駐するので、タイミングが合えば技法について撮影者の方に聞くことができるかも…。

IMG_0570 (2).jpg IMG_0600 (2).jpg 

また、初日を迎えたこの日は、写真愛好家の方や教室の皆さんのお友だちなどが詰めかけ、作品の前で場所や技術、題材などについて、写真談義を繰り広げて楽しむ姿も見られました!(^^)!
その中に、じっと作品を見つめる来場者の方が…。実はご自身も写真を撮っていて、昨年も来館したそうです。「今回も刺激を貰い、とても勉強になりました」と、うれしそうに話してくれました。
写真を撮っている人もそうでない人も楽しむことができる“川上友久写真教室作品展”。皆さんも足を運んでみてはいかがでしょうか?

なおご来館に際しては、受付名簿へ氏名、連絡先をご記入のうえ、マスク着用、アルコール消毒、人との間隔を空けるなど、新型コロナウイルス感染拡大防止対策にご協力いただきますようよろしくお願いいたします。 
(文責:S)

 
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック