CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年03月04日

水彩画同好会作品展

今回で7回目を迎えた、水彩画同好会作品展。
風景画を中心に、優しい色合いとやわらかなタッチで描かれた作品が壁一面に展示されています。

IMG_0321 (2).jpg

★期間 3/3(水)〜3/8(月) 10:00〜20:00(最終日は16:00まで)
★場所 市民交流センター コミュニティギャラリー


安藤彪先生が指導するカルチャースクールで出会い、「もっと先生から指導を受けたい」「この仲間と楽しく交流をしながら、水彩画を描きたい」と結成した水彩画同好会。
とにかく描くことが大好きなメンバーで楽しく活動しています。

IMG_0337 (2).jpg 

そんな皆さんを指導する安藤先生は、エーゲ海に浮かぶサントリーニ島の美しい海岸線と、スペインのブルゴス大聖堂を描いた作品を展示。コロナ禍で、自粛生活が続くこんな時だからこそ、世界の絶景を近くでご覧になってみてください(^^♪

IMG_0316.jpg 11.png 

月に1〜2回、主に戸外でスケッチを中心に活動している皆さん。
昨年は、茨城県近代美術館の西側にある水戸市出身の洋画家、中村彜(つね)のアトリエや、同市の七つ洞公園、笠間市稲田の西念寺に出かけたそうです。今展には、それらをモチーフにした作品が数多く並びます。

IMG_0329 (2).jpg

「紅葉した樹々をどのように表現したらよいのか、色選びが大変でした」と、中村彜のアトリエを描いた会員の小林和郎さんが、作品完成までの苦労話を聞かせてくれました。

IMG_0322.jpg IMG_0323.jpg

IMG_0300 (2).jpg IMG_0312.jpg

また緊急事態宣言の期間中は、庭先に咲いた花やお気に入りの花瓶、人物、果物などをモチーフに各自がそれぞれのペースで制作していたそうです。
そんな皆さんの作品をご覧に、ギャラリーに足を運んでみてはいかがでしょうか。季節の移ろいを感じることができるかも…♪

なおご来館に際しては、受付名簿へ氏名、連絡先をご記入のうえ、マスク着用、アルコール消毒、人との間隔を空けるなど、新型コロナウイルス感染拡大防止対策にご協力いただきますようよろしくお願いいたします。 
(文責:S)

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック