CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年01月14日

第9回三世代交流ダンススポーツ普及大会

社交ダンスを競技化させたダンススポーツ。様々な大会でその技術を競い、イベントでは華やかなダンスを披露しています。9年目となった本大会は、就学前のお子さんからご高齢の方まで、幅広い世代が交流し、日頃の成果を披露する場となっています♪

トップ.png

■日時 2020年12月20日(日) 9:20〜12:00
■場所 ワークプラザ勝田


「今季は、コロナ禍で様々なダンススポーツ大会が中止となりました。だからこそ、子ども達を元気にしたい。競技に対する意欲を持ち続けてほしい」と、主催者である“ひたちなか市ダンススポーツ連盟”の方々は、新型コロナウイルス感染拡大防止策を徹底のうえ、大会の開催を決めたそうです。

ピンク.png 幼児.png 

小さい男の子.png 女子2人.png 

競技では、「三世代戦 スタンダード」「中学生戦 ラテン」「小学下級生戦 スタンダード」「プレユース戦 ソロ・ラテン」といった競技毎に出場資格が決められ、小学生以下と25歳以上や、中・高生と45歳以上、中学生以下など、三世代が交流するペアが次々登場♪
大人とその腰ほどの背丈の子ども達も一生懸命ステップを刻みます(^^)

大人男女.png 始まり.png 

競技時間を短縮しつつも、予選から決勝まで審査員が採点。順番を待つ選手たちも真剣な表情で競技の様子を見つめています。

紫衣装.png 先生と女の子.png 

華麗なステップを踏み、ドレスの裾をひるがえしながら、会場の端から端へ…音楽に合わせ優雅に、時に激しく、多彩なダンスを披露してくれました。

市長.png

大谷市長や磯崎県議会議員も駆けつけ、「コロナ禍で制限されることも多いが、子ども達の活動を応援していきたい」と話してくれました。そんな思いが集まり、無事開催することができた今回の三世代交流ダンススポーツ普及大会。新しい生活様式の中で、人と人とのふれ合いが難しい今、久しぶりに手をつなぎ、目と目を合わせながら踊る皆さんの顔は、生き生きと輝いていました(^^) 
(文責:E)

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック