CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年10月08日

第8回湊線応援絵手紙展

ひたちなか海浜鉄道湊線を絵手紙で応援する作品展が8年目を迎えました。たくさんの皆さんに支えられ、湊線の利用者は年100万人以上を達成、来春には新駅“美乃浜学園”の開業を予定しています(^^)/

IMG_2459.jpg

★期間 10/7(水)〜10/12(月) 10:00〜20:00(最終日は16:00まで)
★場所 市民交流センター コミュニティギャラリー


ひたちなか海浜鉄道では毎年、湊線を応援する作品を展示した“絵手紙列車”が走ります。今年は6月に運行。海に近い豊かな自然の中を走る鉄道に因み、魚や貝、草花などを描いた作品が多く寄せられます。

IMG_2484.jpg IMG_2481.jpg

今年はさらに、新駅“美乃浜学園”を心待ちにする絵手紙が飾られています。代表の山口さんは、建設中の駅の様子を描き、この地区の海を「許奴美乃浜(こぬみのはま)」と呼ぶ万葉集の記述から名付けられたこと、3つの地区の小中学校を統合した新設校“美乃浜学園”に通う子ども達への思いなど、来春の新たなスタートへの期待が綴られていました。

ランドセルを背負った子ども達を描いたのは、“美乃浜学園”のことを知った遠方の常連さん。「小学生の帽子は何色?」と聞かれ、「黄色かな」と答えたところ、この絵手紙が届いたそう。「地域によって帽子の色も形も違うものね…」と山口さんが目を細めていました。

IMG_2458.jpg IMG_2464.jpg

新型コロナウイルス感染症が拡大する中、疫病退散の願いを込めたアマビエやお守り、マスクなども描かれています。

IMG_2488.jpg IMG_2463.jpg

「絵手紙は自分に描きたいものがある、心に余裕がある時に生まれるんです。今の状況に不安を感じている方が多い中、今年も全国から届きました」と山口さん。いつも応援してくれる方、新しい方…136枚の絵手紙が集まったそうです。封筒にも暖かいメッセージが添えられています。

IMG_2489.jpg IMG_2460.jpg 

なかには、ご自分の作品を観るために遠くから来場する方も…。この日も山口さんとの再会を喜ぶ姿が見られました(^^)

たくさんの思いが詰まった湊線応援絵手紙、みなさんもご覧になってはいかがでしょうか♪

またご来館に際しては、受付名簿へ氏名、連絡先をご記入のうえ、マスク着用、アルコール消毒、人との間隔を空けるなど、新型コロナウイルス感染拡大防止対策にご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

(文責:E)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック