CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年09月10日

こもれびなつの作品展

障害を持つ方が住み慣れた地域の中で、いきいきと生活できることを目標に支援活動をする“NPO法人生活支援ネットワークこもれび”。心と心の通い合いを大切にするスタッフと利用者さん達が、協力しながら制作した温かみのあるアート作品を展示しています。

IMG_2270.jpg

★期間 9/9(水)〜9/14(月) 10:00〜20:00(最終日は16:00まで)
★場所 市民交流センター コミュニティギャラリー


「一人ひとりができることは違うのですが、片手で紙を押さえられないといったできない部分を補うものがあれば自分でできるようになるんです」。ギャラリーで出会ったこもれびスタッフさんは、「その道具のような何かが作れないかと、いつも考えています」と話してくれました(^^)そんなスタッフさんに囲まれ、のびのびと制作する利用者さんの作品はどれも元気いっぱい♪

IMG_2276.jpg IMG_2305.jpg 

桜、鯉のぼり、向日葵、コスモス等、季節の花々や風景の作品は、カレンダー撮影用に毎年作成しているもの。ピンクや黄色、水色等、色鮮やかな色紙をちぎったり、丸めたり、切り抜いたりと、その方法も実に多彩です。スタッフの方も「カレンダーの写真だけでは伝わらないので、実際の作品を観てもらえるのは嬉しいですね」と、笑顔で話してくれました。

IMG_2293.jpg IMG_2275.jpg

IMG_2317.jpg IMG_2291.jpg

マーブル模様をつけたマグカップや、石に絵を描いたアート作品も並びます。なかには自作の詩をイラスト付きで発表している方も…。この方はなんと、デイホームの“はっぴい”と“みらくる”という名前の発案者だそうですよ(^_-)-☆

IMG_2268.jpg IMG_2309.jpg

また、“こもれび”は、市内NPO、市民活動団体、福祉施設で、誰でも何歳でも参加できる夏のボランティア講座(ひたちなか・ふれ愛隊養成研修講座)を市民活動課と共催で毎年開催してきましたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、今年は中止。その代わり、「市民活動のこれからのために記録に残そう」と、例年ボランティアを受け入れてきた団体がコロナ禍でどのような影響を受けたのか、またどのように対応したのか等、インタビュー形式でまとめ、展示しています。ぜひご覧ください。

なお、ご来館に際しては、受付名簿へ氏名、連絡先をご記入のうえ、マスク着用、アルコール消毒、人との間隔を空けるなど、新型コロナウイルス感染拡大防止対策にご協力いただきますようよろしくお願いたします。

(文責:E)
☆げんき-NETひたちなか団体・サークル情報 NPO法人生活支援ネットワーク こもれび☆
https://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_3.php?dai=3&index=1377&from=1&koukai_sinsei_flg=2


この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック