CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年09月15日

食生活改善推進員協議会 〜役員事前調理講習会〜

ひたちなか市食生活改善推進員協議会の食生活改善推進委員(通称:食改)は、食生活について楽しく学びながら、健康づくりを応援するボランティア。本日は、「うれ塩café+」の参加者の皆さんに提供する試食づくりと料理コンクールで入賞したレシピの講習会を取材しました。

食改1.png

■日時 2020年8月20日(木) 9:30〜12:00
■場所 ひたちなか市ヘルス・ケア・センター


ひたちなか市健康推進課が主催する、「うれ塩café+(ぷらす)」(“うれ塩”とは、うれしい塩加減という意味)は、高血圧等の生活習慣病予防のために、若いころからの減塩・適塩を応援する教室。管理栄養士が減塩と栄養バランスを考えたメニューを参加者の試食として提供するため、“食改”さんが調理します。

食改2.png 食改3.png

この日は、担当になった役員の方々に向けて、管理栄養士が調理手順を指導する事前講習会。メニューは「鯖缶ときのこで簡単アヒージョ」「紫キャベツのピンクマリネ」。素材の辛味や酸味を味のアクセントにした塩を使わない料理です。

食改善4.png 5食改善.png

食改6.png 食改9.png

そして、食べ比べるための“無塩食パン”と、“食パン(一般のものは塩入り)”は形を変えてカット。これに美味しいコーヒーがついて、今回の「うれ塩café+」メニューが完成です♪これらを何種類か用意した紙皿に盛り付け、本番でどのように提供するか入念にチェックしました。

食改7.png

市内には中学校区を単位とする7つの食生活改善推進員協議会があり、地区ごとに食育活動を行っています。毎年開催する料理コンクールでは、各地区の食改さん達が簡単でおいしいメニューを提案。今回は、昨年のひたちなか市長賞を受賞した「令和ヘルシーピザ」も作りました。テーマは“乾物活用術”ということで、なんと生地に高野豆腐を使用!低カロリーでタンパク質もたっぷり。冷めてもしっとり美味しく、おかずにもおやつにもぴったりだそうです(^-^)

食改さんは、役員の方々を始め、全体では171人(令和2年6月現在)が活動中。前年度は、おやこdeうれ塩クッキング、地元に伝わる伝統食を若い世代につなぐための料理教室を開催。そして、小学生や高校生の教室、学童クラブからの依頼で減塩やバランスの良い食習慣のお話やお魚を使った料理実習を行ったそうです。
そんなひたちなか市食生活改善推進員協議会の活動は県内外でも高い評価を得ており、「平成30年度の食育活動表彰では、農林水産大臣賞(食生活改善推進員の部 最優秀賞)をいただきました。やりがいがある活動ですね」と、会長になって6年という高野さんが話してくれました。

食生活を見直して、自分も、家族も、地域の方も…みんなが健康になるお手伝いができる食生活改善推進委員。ご興味のある方は、ひたちなか市健康推進課までぜひご連絡ください(^^)/

(文責:E)


この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック