CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年07月22日

おらが湊鐡道応援団作品展

田畑や海など、豊かな自然の風景が車窓から楽しめるひたちなか海浜鉄道湊線。そんな鉄道を守っていきたいと発足した「おらが湊鐡道応援団」の方々は、様々な方法で湊線の魅力を発信しています。

IMG_1906.jpg

★期間 7/22(水)〜7/27(月) 10:00〜20:00(最終日は16:00まで)
★場所 市民交流センター コミュニティギャラリー


「応援団の方達が中根駅沿線に植えた桜なんですよ」と、風景画の前で目を細める“おらが湊鐡道応援団”代表の佐藤さん。「花を長く楽しめるよう種類の違う桜を並べたり、アジサイも皆で植えてね。彼岸花は何千本…いや万かな」と話してくれました。

IMG_1925.jpg 枝人形.png

その風景画を始め、四季折々の湊線沿線を描いているのは志田さん。中根駅の桜を剪定した小枝を利用したという、トンガリ帽子を被った人形も制作しています。まるで駅のホームにいるような人形達からは、にぎやかな声が聞こえてきそう…(^^♪

IMG_1916.jpg IMG_1917.jpg

IMG_1922.jpg IMG_1935.jpg

日々刻々と変化する湊線の風景を撮影し、作品展を開催したり、本を出版したりと写真でPRしている船越さん。木にとまったカブトムシのはるか後方を列車が通過する一瞬を捉えるなど、その時間、その場所でしか出合えない、撮影ポイントを知り尽くした方の作品は目を見張るものばかりでした!

IMG_1911.jpg IMG_1910.jpg 

丸く並べたピンにカラフルな糸を一定の間隔でかけていく糸曼荼羅…。今回は、上下のピンに糸をかける立体作品が初登場!糸が織りなす美しい模様をご覧ください。また、「わが家の父子三世代」という紙粘土人形などユニークな作品も展示中(^-^)

IMG_1951.jpg 

おらが湊鐡道応援団の活動内容は広報誌で紹介しています。そちらも併せてご覧ください(^^)/

なお、ご来館に際しては、受付名簿へ氏名、連絡先をご記入のうえ、マスク着用、アルコール消毒、人との間隔を空けるなど、新型コロナウイルス感染拡大防止対策にご協力いただきますようよろしくお願いたします。

(文責:E)
☆げんき-NETひたちなか団体・サークル情報 未来へ走れ!おらが湊線☆
https://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_3.php?dai=3&index=1015&from=1&koukai_sinsei_flg=2

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック