CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年07月10日

デコパージュ〜牧野純子さん

〜綺麗な模様が付いた石けんをいただいたのがきっかけでした〜
誰にでも手軽に、それでいて納得のいく“デコパージュ”づくりに楽しく取り組んでいる、優しい笑顔が印象的な牧野純子(すみこ)さんをご紹介します(^^)/

牧野さん.png

☆げんき-NETひたちなか人材情報 デコパージュ・Sophia(ソフィア)☆
https://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_5.php?dai=5&index=1803&from=1&koukai_sinsei_flg=2

デコパージュとは、紙ナプキンなど、好きな柄の紙を色んな素材の小物や衣類に貼り付ける技法です。

牧11.png

5年前、お友達からプレゼントされたデコパージュ石けんをきっかけに、本格的に技術を学び、たくさんの人の喜ぶ顔が見たいと「PBアカデミー デコパージュ認定講師」の資格を取得した牧野さん。水戸市渡里市民センター(趣味教室)や、常陸太田市アロマサロンにて、親子教室を含む定期的な教室の講師を務めてきたそうです。

牧5.png 牧9.png

そして今回、ひたちなか市内で開催された講習会。“デコパージュ石けん作り”当日に、取材させていただくことができました。
まず、好きな絵柄の紙ナプキンを選び石けんの大きさに合わせてカット。専用のりを石けんに塗り、絵が描いてある1枚だけを剥がして、筆で気泡が入らないようにゆっくりと貼っていきます。それを乾燥し、またのりを重ねて塗るのを3回繰り返します。

牧10.png 牧2.png 

金と銀のラメを散りばめたら、贈り物としても喜ばれそうな…まるで既製品のようなデコパージュ石けんが出来あがり、参加者のみなさん大満足♪
部屋に飾れば石けんのいい香りが漂い、石けんとして使ったら、最後まで絵柄の部分が残るそうです(^^)/

ま1.png ま2.png

また、ひたちなか市国際交流協会の理事も務めている牧野さん。以前よりウクライナの支援に関わっていたことから、ご自分で作ったデコパージュ作品の数々をチャリティーバザーに出品。ウクライナの子どもたちのためにと、売上の一部を寄付しているそうです。

まき1.png まき2.png

各施設での講師としてはもちろん、平日の昼間(土・日は応相談)であれば、自宅での個人レッスン(2〜3人程度)も開いてくれるとのこと。
シンプルなデザインのものにご自分の好きな絵柄を貼って、オリジナルグッズを作ってみませんか?
興味のある方は、ひたちなか市市民活動課029-273-0111(内線3221)までお問い合わせください。
(文責:O)

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック