CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年03月05日

川上友久写真教室展

ギャラリーでは、講師の川上友久さんと12名の生徒さんによる2回目を迎えた作品展を開催中。
個性溢れる様々なジャンルの作品が飾られました。

12.jpg

★日時 3/4(水)〜3/9(月) 10:00〜20:00(最終日は16:00) 
★場所 市民交流センター コミュニティギャラリー


川上先生をはじめ、初心者の方からベテランの方が撮影した、何気ない日常のワンシーンや風景、野鳥など、沢山の写真の中から選び抜いた各自の自信作が並びました。

6.jpg IMG_7865.jpg 

月2回の活動日には、各々が撮りためた写真を持ち寄ってスクリーンに映し出し、アングルや撮影方法などの意見を出し合っているとのこと。
「先生のアドバイスはもちろん、メンバーの方の助言を聞いたり作品を鑑賞したりすることは、とても刺激になり参考になることがいっぱいです」と、生徒さんが教室での様子を話してくれました。

IMG_7866.jpg

「上手に撮影する方法を指導するというよりも、被写体をどういった形で表現したいのかということを重点に指導しています」と、話してくれた川上先生。
“痕跡”というタイトルの作品は、那珂川の河川敷に横たわる、根っこやごみなど沢山の浮流物が絡みついた大木を写したそう。昨年、各地で甚大な被害をもたらした台風19号の勢力の大きさを再び気づかされる作品です。

IMG_7875.jpg IMG_7892.jpg 

“武の饗宴”というタイトル作品は、土ぼこりを上げて勇ましく走る馬が今にも飛び出してきそう…躍動感満載ですよ!(^^)!

IMG_7895.jpg IMG_7872.jpg

またモノクロ写真の作品は、石仏や風景などを白と黒、グレーで表現した味わい深い作品です。
ぜひこの機会に、それぞれの個性が光る作品をご覧に、ギャラリーに足を運んでみてはいかがでしょうか。

なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスク着用の上ご来場くださいますようお願いいたします。
(文責:S)

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック