CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年02月26日

こらぼDEまなぼ「日本画を描いてみよう!」小学1年〜中学生向け講座

「日本画ってなぁに?」「日本画を描いてみたい…」そんな疑問や思いをもっている子どもたちが、ふぁみりこらぼに集結!墨と筆を使って日本画に挑戦しました(^_-)-☆

11日本画.png

■日時 2020年2月2日(日) 10:30〜11:30、13:00〜14:00
■場所 ひたちなか市子育て支援・多世代交流施設ふぁみりこらぼ

今回は、約800年前の平安時代に作られたという11mもある絵巻物、“鳥獣人物戯画”に登場している蛙や兎、猿などを皆で分担し描きます。

6日.png 8日.png

講師は、茨城県天心記念五浦美術館職員の横山さん。鳥獣人物戯画の複製を手に、いつの時代に制作したものか、作者はだれか、登場している動物の動きなどについて具体的に話してくれました。

5日.png 2日.png

まずは、筆の使い方や墨の付け方の説明を受ける子どもたち…。細い線は筆を立て、そして太い線は筆を寝かせて描くなど、見本の上に載せてある半紙に真剣に向き合います(^^♪

1日.png 4日.png

半紙がずれないように押さえてもらったり、登場人物が多く複雑な場面のところなどはお手伝いしてもらったり、親子で協力しながら終了時間まで熱心に描いていました。

9日.png 15日本画.png 

そして、みんなの作品を順番に並べ、ふぁみりこらぼ版“鳥獣人物戯画”が完成!(^^)!

12日本画.png 10日.png

「家では墨を使って描くチャンスがないので、参加しました」「テレビ番組で目にしたことがある動物だったので、描きたいと思い参加しました。ちょっと難しかったけど頑張りました」と、満足した表情を浮かべて話してくれました(^-^)

日常では、経験することがない貴重な日本画の技法を体験することが出来た子どもたち…。きっと思い出の1ページになったことでしょう。
(文責:S)

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック