CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年02月13日

ニットサークル根本作品展&SONOのペン淡彩画コラボ展

2年ぶり5回目となる手編みニットの作品展。今回は、SONOさんのペン淡彩画とのコラボが実現し、アートな空間が広がっています。

IMG_7716.jpg

★日時 2/12(水)〜2/17(月) 10:00〜20:00(最終日は16:00) 
★場所 市民交流センター コミュニティギャラリー


見れば見るほど繊細で美しい透かし模様…編み手の思いが伝わるようなニット作品ばかりです。今回は、「ニットサークル根本」の根本先生たっての希望で、“SONO”こと園部さんも参加。美味しそうな料理や可愛らしい人形、風景等など淡い色使いのペン淡彩画が心和む空間を演出しています。

IMG_7713.jpg IMG_7710.jpg 

IMG_7712.jpg IMG_7705.jpg 

編み物の本から「素敵♪編んでみたい」と思うデザインを選び、コーディネートしたい服や季節に合わせて糸選びをするという会員の皆さん。「編み始めると思った以上に難しい時もあり、先生をすごく頼りにしているの」と話してくれました。実は先生、東京の編み物講師のところに長年通ったという勉強家。「編み方の基本はそのままだけど、時代に合わせて仕立て方が変わったり‥」と、今でも、講師の方に電話やFAXで質問しているそうですよ。

IMG_7703.jpg IMG_7708.jpg

装いに華を添えるスカーフやコサージュなどの小物類も豊富。大きな花柄の作品はなんと座布団。表と裏で模様が違うので気分によって使う面を変えることができます。

IMG_7718.jpg IMG_7722.jpg

少しずつ余った糸も素敵に変身させる根本先生。「編み物で作るパッチワークは、中心になる色とふちどりの色を合わせるの。例えば赤と黒。そうすると全体に統一感がでるから、中間は色々な色の短い糸を混ぜても大丈夫なのよ」と笑顔で話してくれました。

モノを大切に思う皆さんの思いと温もりが感じられるニット作品と、優しい色合いのペン淡彩画…ぜひギャラリーでご覧ください。
(文責:E)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック