CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年11月06日

ラジオ番組“まちづくり情報館「ひたちなか」”vol.203

“Blue Shine”は結成10年目、8名編成の熟年ハワイアンバンド!ブルーに染まった大自然の海、青い空のようにはつらつとした輝きを持って、ともに未来に向けて進んでいこうと名付けたそうです。

スタジオ3名.png

■日時 2019年10月10日(木) 12:00〜12:10
■出演 Blue Shine
    大内勲さん(サイドギター)
    橋美恵子さん(ウクレレ)
    宮崎早苗さん(ボーカル・ウクレレ・キーボード)


最初に、「初心者ばかりの『のんびりウクレレ教室』に入会した仲間達が、練習を積み結成したバンドです」と紹介してくれた宮崎さん。「実は、英国の王室は月光のことを“Blue Shine”というそうで、素敵なネーミングらしいです…」と、グループ名の由来に加え、優雅な意味もあることを教えてくれました。これには、パーソナリティのかこっちさんも「セレブじゃないですか!」と思わず笑顔に(^-^)

打ち合わせ.png 2人笑顔.png

去年はギターとベース担当を設け、いばらきハワイアン倶楽部に所属。大きなステージでもデビューすることが出来たそうです。
ハワイアン、タヒチアン以外にも、ジャズ、ラテン音楽など幅広いジャンルの曲を取り入れ、伴奏とソロ、弾き方のアレンジを加えながら、ウクレレの温かい音色を楽しんでいる皆さん。普段はひたちなか市を中心とした演奏活動をしており、観ている方と歌ったり、フラダンスの方たちと共演したりと会場と一緒に盛り上がっているそうですよ♪

スナップ.png いばらきハワイアン倶楽部.png 

次に、「メンバー同士の仲が非常に良く、最高の雰囲気。練習も演奏活動も楽しくてしょうがない。そんな自慢話をさせてほしい」と代表の大内さん。ウクレレを持ったことが無い初心者の集まりなので、落ちこぼれをなくすための自主練習を月1回、みんなで励まし合いながら続けてきたとのこと。練習後に食事会や誕生日会を開き、手作りの料理を持ち寄って、歌って、笑って…。そんな大切な仲間たちと一緒にメキメキと上達してきたそうです。

スタジオ4名.png ロールカーテン.png

今夏に、5つのバンドとフラダンスの方達が共演したハワイアンコンサートは、立ち見がでるほど大盛況でした。活動の幅をどんどん広げ、ファンを増やしている皆さんですが、初デビューでは音響設備の調整不足でうまくいかなかった経験が…。その失敗を糧に、「ライブの成否は音合わせで決まる」と、前準備をしっかりしているそうです!

最後に、高橋さんがこれまでを振り返り、「楽しい思い出はたくさんありますが…初日のステージでバンドメンバー8名それぞれの特徴をどう紹介しようか、3人で練ったのを今でもよく覚えています」と話してくれました。「緊張しながらもやりとげた喜びは大きいですよね」というかこっちさんの言葉に、「最近は、覚えることよりも忘れることが多いけれど頑張っています」と笑いながら話してくれました♪

青い海と空が本当によく似合う、太陽のように笑顔がまぶしい“Blue Shine”の皆さん。これからもたくさんの方のために、心に届く優しい音色を響かせてくださいね(^-^)
(文責:E)

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック