CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年11月06日

ラ・ジュネス(マンドリンクラブ)

「弾いて楽しく、聴く方も楽しく」がモットーの“ラ・ジュネス”の皆さん。「弦楽器マンドリンの魅力を広く伝えていきたい」と積極的に活動しています!

IMG_5667.jpg

■日時 2019年10月5日(土) 17:00〜19:00
■場所 稲田区民館


学生時代にマンドリンに出会い、熱中したという会長の宮入さん。移り住んだひたちなか市には演奏する場が無く、他市のクラブに通っていたそうです。その後「市内にもクラブをつくろう」と思い立ち、市報ひたちなかやタウン紙で会員を募集。現在の副会長の武曽さん、三宅さん、魚津さん達もそれを見て参加したそうです。こうして、2003年に発足したクラブは今や会員数38名に!

IMG_5630.jpg 

「私たちは一生懸命がモットー。お客さんのために技術を磨いているんです」と笑顔で話してくれた宮入さん。毎年3月の定期演奏会を始め、マンドリンフェスティバル、自治会や介護施設のイベントにも積極的に出演しているとのこと。

IMG_5635.jpg IMG_5637.jpg

今回はそんなクラブの練習風景を取材させていただきました。
全体練習が始まる前には個人レッスンの時間があり、「譜面の“ドレミ”を読むことから始めました!」と笑顔で話す方もいるくらい、初心者にも丁寧に指導してくれます。隣の部屋で個人練習をする方もいて、「50年前のマンドリンを出してみたら壊れていたの。新しいマンドリンを購入したので、また頑張ろうと思って」と、目を輝かせながら話してくれました(^^)

IMG_5641.jpg IMG_5643.jpg

「“マンドリン”が一番小さく、次に“マンドラ”、“マンドセロ”が一番大きいサイズなんですよ」と、楽器の説明をしてくれた会員さんもとてもにこやかで、皆さんが心から演奏を楽しんでいるといった様子でした♪

IMG_5674.jpg IMG_5663.jpg

全体練習では、クラシックギターやコントラバスとともに、マンドリン、マンドラ、マンドセロが勢ぞろい。曲によってはフルートが入ることもあるそうです。
今回の取材のためにと、歌と踊りで子ども達に大人気の曲や昔のヒット曲、クラシック曲、マンドリンのための合奏曲など計4曲も演奏してくれ、その艶やかで心に染み入る音色に聴き惚れてしまいました。クラシックから演歌、J-popまで幅広いジャンルのレパートリーがあり、観客が親しみやすく楽しめるような選曲を心がけているそうです♪

ただいま会員さんを絶賛募集中!初心者大歓迎!まずは気軽に参加してみませんか?
ギターや指揮者(弦楽器)の経験者も合わせて募集中だそうです。ご興味のある方はぜひ一度見学に来てみてくださいとのこと(^^)/
(文責:E)

☆げんき-NETひたちなか団体・サークル情報 ラ・ジュネス(マンドリンクラブ)☆
https://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_3.php?dai=3&index=840&from=1&koukai_sinsei_flg=2
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック