CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年05月28日

田植え体験〜国営ひたち海浜公園〜

普段なかなかできない経験ができるとあって、毎年大人気の田植え体験♪今年もあっという間に予約が埋まり、キャンセル待ちの方も多数いらしたそうです。

全体.jpg

■日時 2019年5月12日(月) 13:30〜15:30
■場所 国営ひたち海浜公園 

「海と砂丘に面した国営ひたち海浜公園で田植えができるの?」と意外に思われるかもしれませんが、かつては園内にある沢田湧水地から湧き出る地下水を利用して稲作が行われていたそうなんです。

ネイチャーハウス.jpg 木道.jpg

集合は、公園の東側樹木エリアにある沢田湧水ネイチャーハウス。ここでは、園内に生息する動植物の生態を多数展示しています。この辺りは昔、射爆場となった歴史があり、立ち入りが制限された時代が長く続いたことから、手つかずの自然の中でたくさんの命が育まれてきたそうです。
そこから木道を伝い、鳥のさえずりや木々のざわめきを聞きながら水田へ向かいます。

桐原さん.jpg かえる.jpg 

水田では、動植物を守りたいと、沢田湧水地の水で農薬も肥料も使わず稲を育てています。そのため、自然の生き物と出会えるのも大きな魅力。目の前で、カエルが飛び跳ねたり、ゲンゴロウが泳いでいたり…。今回は、“茨城生物の会”の桐原さんが同行してくれたので、「このシュレーゲルアオガエルとニホンアマガエルの見分け方はね…」等など、色々なことを子ども達に教えてくれました。

抜けない.jpg 田植え.jpg

田植えでは、水田跡を復活させ、手入れをしてきた公園ボランティア団体の“砂丘美化パートナー”や“沢田湧水地パートナー”の方達が苗の植え方をサポートしてくれます。初めての方がほとんどとあって、歩くのも大変。苗を手にしたものの、慣れない泥に足を取られ、家族が手をつないで助け出すなんて微笑ましい場面も…。
最初は戸惑っていた子ども達も、頬に泥をつけながら大健闘(^^)それを見たパパやママも大笑いしながら、田植えにいそしんでいました♪

パートナー.jpg 終了.jpg

そうして、皆で一斉に田植えをした水田は、青空のもと清々しいほどに輝いて…。
秋には昔ながらの稲刈りや脱穀体験イベントが待っています。参加した家族は、「秋もぜひ参加したいですね」と笑顔で話してくれました。
(文責:E)

 ☆げんき-NETひたちなか団体情報 砂丘美化パートナー☆
http://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_3.php?dai=3&index=1554&from=1&koukai_sinsei_flg=2
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック