CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年05月22日

おんちクラブin神明クラブ&神明プラチナ会

総会後のお楽しみ会を盛り上げてくれる団体を紹介してほしいと、役員の石井さんからのご相談を受け、おんちクラブをご紹介。歌や手遊び、体操などをして参加者の皆さんは楽しい時間を過ごしました。

1.jpg

■日時 2019年4月27日(土) 14:00〜14:30
■場所 神明会館 


毎月3回、ひたちなか市市民交流センターで活動している"おんちクラブ"は、楽しく認知症予防をしながら仲間づくりに繋がるようにと、歌やシルバーリハビリ体操、ゲームなどを取り入れて生き生きと活動しています。

03.jpg 11.jpg

「皆さん、こんにちは」と、代表の黒澤勇寿さんの元気な挨拶で始まったお楽しみ会。
初めに、昔懐かしい童謡の“村の鍛冶屋”のメロディーで歌詞を"パタカラ"に言い換えて歌います。この“パタカラ体操”、口腔機能を刺激する体操だそうです。それが終わると、会場の皆さんを2つのグループに分け、”春よ来い”と“春が来た”を同時に歌う“同時合唱”を行うなど、次から次へと歌遊びを進めていきます。

IMG_2925.jpg IMG_2924.jpg

また、手の平を使ったグーパー体操をしたり、歌詞に合わせ隣に座っている方の肩に触れあったり…。簡単なようで意外に難しい動きに苦戦している皆さんに対し、「ここの皆さんは、先生になれる位、上手な方ばかり」などと誉め上手な黒澤さん。皆さんの笑い声が会場に響きます♪

IMG_2930.jpg IMG_2936.jpg

そして最後は、来年東京でオリンピックが開催することから、"東京音頭"や茨城県の民謡“網のし唄”を一緒に歌い、合いの手や手拍子をする方たちもいて、会場内は大いに盛り上がりました。
「できなくてもいいんです。やろうとすることが大事。日常の生活にちょっとでもいいので、取り入れてください」と呼びかける黒澤さん。会場の皆さんからおしみない拍手が送られました。

o6.jpg IMG_2946.jpg

そして、この日のお楽しみ会にはもう1人、ひたちなか市外野在住の金子美華世さんも出演。
ひたちなか市や水戸市などの福祉施設で、ボランティア活動をしている金子さん。この日は、難しいイメージの詩吟と馴染み深い童謡をコラボレーションした楽曲、「おぼろ月夜」など数曲を披露してくれました。金子さんの歌声に聞き入る皆さん。童謡を歌う場面では、金子さんに誘われて歌う姿が見られ、お楽しみ会は盛況のうちに終了となりました。

おんちクラブ代表の黒澤さん、そして金子さん、これからもたくさんの方たちに笑顔を届けていってくださいね!本日はありがとうございました。
(文責:S)

★げんき-NETひたちなか 団体・サークル情報 おんちクラブ★
http://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_3.php?dai=3&index=1614&from=1&koukai_sinsei_flg=2

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック