CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年04月24日

ラジオ番組“まちづくり情報館”「ひたちなか」vol.191

げんき-NETひたちなかに人材登録し、“病気にならない生活習慣 頑張らなくても出来る事”をテーマに活動している大内雅功さん。いつでもどこでも簡単にできる体に良いことを紹介してくれました♪

KIMG0374.jpg 

■日時 2019年4月11日(木) 12:00〜12:15
■出演 大内雅功さん


大内さんは、食品販売業の経験を通して身体づくりの大切さに気付き、“予防医療診断士”の資格を取得。今日は、「病気を予防する簡単な習慣をもっとたくさんの方に知ってほしい」と出演してくれました。

KIMG0367.jpg

スタジオでは、「にこにこと笑顔がまぶしい方ですね(^-^)」と紹介された、いつも笑顔を絶やさない大内さん。
「“予防医療診断士”という言葉を聞くのは初めて」というパーソナリティに、「予防医療診断士は、“お医者さんに診てもらう状態にならないよう、予防しましょう”という活動をしています」と、分かりやすい言葉で説明してくれました。

KIMG0369.jpg 

「みなさん、自分は元気と思われている方が多いんですけど、“ばりばり元気”、“まあまあ元気”、“病気じゃないけど不安”、“危ない”の4段階で考えてみてください」と問いかける大内さん。

KIMG0365.jpg

実は以前、今よりもだいぶ太っていた頃、予防医療診断士の講師に「少し肥満で膝が痛いだけなので、“まあまあ元気”だと思います」と答えたところ、「5年後にはもっと体重が増え、膝が悪くなり歩けなくなるかも」と告げられたそうです。
そこで目が覚め、減量のために始めたのが“腕ふり体操”。
“有酸素運動”と“スロー筋トレ”を足したリズム体操で、心拍数と血圧が若干上がるので血流が良くなり、身体に良い神経伝達物資が分泌されるとのこと。冷え性・肩こり等、様々な症状の緩和にもつながるそうですよ!

KIMG0377.jpg

「肩幅に足を開き、どちらかの足を引きます。腕を腰に置いたまま上下の屈伸運動。屈伸ができるようになったら腕をふります。これを1分。1日2回でいいんです」と、立ち上がって実際に“腕ふり体操”を見せてくれた大内さん。腰からおしり、脚、ふくらはぎには、全身の筋肉の約7割があり、なかなかの運動量になるそうで、大内さんはこの体操で15kgの減量に成功!さらなる減量を目指し、続けているそうです。

簡単で身体に良い生活習慣を取り入れ、病気になりづらい身体づくり始めてみませんか?講師依頼やもっと詳しく内容を知りたい方は、下記までご連絡ください。
予防医療診断士 大内雅功(まさよし)
電話:080-5887-2439
(文責:E)

☆げんき-NETひたちなか人材情報 “病気にならない生活習慣 頑張らなくても出来る事”☆
http://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_5.php?dai=5&index=1705&from=1&koukai_sinsei_flg=2
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック