CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年05月31日

第3回ひょうたんランプ展

自分達で栽培したひょうたんを使い、色付けや加工などの創作を楽しんでいる“ひょうたんの会”の皆さん。ランプを中心としたひょうたんの作品の他、能面や油彩画も併せて展示中です。

IMG_7236.jpg

★日時 5/30(水)〜6/4(月) 10:00〜20:00(最終日は16:00)
★場所 市民交流センター コミュニティギャラリー


佐野コミュニティセンターで毎月1回、自宅で制作した作品を持ち寄り、切磋琢磨しながら作品作りをしているひょうたんの会の皆さん。立ち上げた当時のメンバーは4名でしたが、近年のひょうたんランプのブームから年々増加し、現在は14名。和気あいあいとした雰囲気の中、楽しく活動しているそうです。

IMG_7222.jpg IMG_7211.jpg

ひょうたんランプの灯りの美しさを楽しんでもらうため、コミュニティギャラリー内をいつもより暗くして来場者を迎えます。
ひょうたんの表面には、植物のモチーフや幾何学模様のデザインに沿った大小の穴や切り込みが、数え切れないほど施されています。中心から放たれる光で周りに映し出された影が作り出す幻想的な世界に、思わず見入ってしまうほど…。

IMG_7217.jpg IMG_7225.jpg

その他、和紙を貼ったり、漆が入った塗料を何度も塗り重ねて作り出された置物や花瓶、東京スカイツリーを模したアートなど多種多様な作品も飾られています!(^^)!

IMG_7238.jpg IMG_7232.jpg 

「ひょうたんの栽培から創作活動が始まっているんです。種まきから受粉作業、傷がつかないよう実に袋をかぶせ、そして収穫…。形の良い、表面が綺麗なひょうたんを作るため、手塩にかけて育てています」と代表の軍司さん。ひょうたん作りに対する思いを話してくれました。

IMG_7209.jpg IMG_7237.jpg

会員の方々が制作した能面と油彩画も同時展示中。ぜひギャラリーに足を運び、奥深い“ひょうたんの世界”をご覧になってみてはいかがでしょうか。
(文責:S)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック