CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年05月24日

ゆう・もあクラブ in 特別養護老人ホーム 春寿園

「施設の利用者さんと楽しくおしゃべりをしてくれる方を探してほしい」と“特別養護老人ホーム 春寿園”のスタッフの方からご相談があり、”ゆう・もあクラブ”の方々をご紹介。活動の様子を取材してきました。

IMG_6762.jpg

■日時 2018年4月19日(木) 14:00〜15:00
■場所 特別養護老人ホーム 春寿園


ゆう・もあクラブはひとり暮らしのお年寄りに誕生日の花束を贈ることから始まり、地域のために役立つ活動がしたいと結成されたグループ。新たに始めたいボランティア活動として、「施設の利用者さんとのおしゃべり」を挙げており、今回の件について相談したところ、快く引き受けてくれました。

IMG_6771.jpg IMG_6769.jpg 

今回、3名の方が訪問したのは春寿園の中の”宝寿のまち”。ここでは一軒家のように、表札のついた利用者さんの部屋が並びます。これまでに2つのまちを訪れたゆう・もあクラブの皆さんがまた来てくれたと聞きつけ、心待ちにしていた利用者さん達が”まち”の中央に集まっていました。

おしゃべりが始まると、話題は故郷の思い出や懐メロ、趣味の話など…次々に広がり、施設の利用者さんから笑顔がこぼれ、「なんだか元気をもらえるわ」とはずんだ声。すると、ゆう・もあクラブの皆さんも「私たちも皆さんから、元気をもらっているのよ」と笑顔で応えていました。

IMG_6773.jpg IMG_6767.jpg 

楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、お別れの時間に…。ゆう・もあクラブの方が利用者さんに親しみを込めた愛称で呼びかけて挨拶すると、「私ね、昔そう呼ばれていたの。思い出したわ」と顔をほころばせる場面も…。「また、来てね」と名残惜しそうに手を振っていました。

IMG_6778.jpg

笑い声にあふれ、時にはうれし涙を流す方もいたり、利用者さんの表情が生き生きと輝くのを目の当たりにし、ゆう・もあクラブの方々と利用者さんがお互いに「元気をもらっている」と話していたことを実感することができました(^^)
「こんな風に地域の人が施設に来てくれることで、皆さんの生活にハリが出てくるんです。これからもたくさんの方に来ていただきいと思っています」とスタッフの方。
「ゆう・もあクラブ」の皆さんはこれからも定期的に訪問してくれることになったそうです。これからも「元気のキャッチボール」をよろしくお願いします♪
(文責:E)

☆げんき-NETひたちなか団体・サークル情報 ゆう・もあクラブ☆
http://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_3.php?dai=3&index=71&from=1&koukai_sinsei_flg=2

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック