CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年11月14日

国営ひたち海浜公園でボランティア

心配されていた空模様も、少し汗ばむくらいの気持ちの良い秋晴れに…♪
清々しい青空の下、茨城県立筑波高等学校の1年生が国営ひたち海浜公園の除草作業に取り組みました(^^)/

DSCF4525.jpg

■日時 2016年10月21日(金)
■場所 国営ひたち海浜公園 砂丘エリア


今年の4月、旅行会社の担当者から「高校生100名あまりがボランティアできるところを探してほしい」との依頼を受け、国営ひたち海浜公園内で環境美化作業を行っている「砂丘美化パートナー」の代表浅井さんに相談し、快く引き受けていただきました。

DSCF4533.jpg

砂丘美化パートナーとは、公園の管理運営のお手伝いをしている公園ボランティアのひとつで、平成23年12月に発足し、主に砂丘観察園路の環境保全・美化や沢田湧水地の環境保全・美化などを中心に活動しています。

DSCF4482.jpg

高校生たちはまず、自然保護や具体的な活動内容の説明を受け、外来植物のコマツヨイグサ・オオフタバムグラ・チガヤなどの除草作業に取りかかりました。

DSCF4492.jpg DSCF4495.jpg

高校生は、砂丘美化パートナーの方たちとの会話を楽しみながら、砂地一帯に生息している外来植物を除去していきます。すぐにゴミ袋はいっぱいに(>_<)

DSCF4498.jpg DSCF4509.jpg

現在、砂丘エリアの砂の供給や移動が減少するとともに、内陸側の植物(クロマツやチガヤなど)が増加しているそうです。
「人間が壊した自然は人間が戻す。努力をしないといけない」と浅井さん。
砂丘の生き物たちの生育環境を、こういったボランティア活動で守っていきたいものです。

DSCF4510.jpg DSCF4528.jpg

今回、普段なかなか経験することがないボランティア活動を体験した茨城県立筑波高等学校1年生のみなさん。ぜひ今後の活動に役立ててくださいね。
(文責:O)

☆げんき-NETひたちなか団体・サークル情報 砂丘美化パートナー☆
http://www.genkinet-hitachinaka.jp/katsudoudisp_3.php?dai=3&tyu=5&index=1554
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック