CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 説明会 | Main
「まなべる基金」の事務サポート [2014年01月07日(Tue)]
今年は活動の様子をも少しお伝えしていきたいと思います!

現在一番大きなサポートは公益財団法人東日本大震災復興支援財団が実施している高校生対象給付型奨学金「まなべる基金」の事務サポートになります。

まなべる基金の詳細はこちらから

このサポートは約20名のメンバーと3名のマネージャー1名のコーディネーターがチームを組んで事務作業に取り組んでいます。
メンバーの方にはそれぞれの都合により作業に参加する日を選んでいただいています。無理をしないというのも長く続けるためのには大切です。

皆さんなかなか忙しい!
孫の世話に地域活動、長い間には介護の問題も出てきます。定年後を見据えて忙しい中でまだ現役の方の参加もあります。だれにでも起こりうるこれらの問題は「お互いさま」でカバーしあいます。ちょっと大変な時はペースを落としてバリバリできるときは頑張る。これも長続きの秘訣です。

NPO法人と事務所の移転 [2013年09月08日(Sun)]
こんにちは。
活動の様子についても少しずつお伝えしていきたいと思います。


昨年の8月から任意団体として活動を始めましたが、今年の8月にNPO法人として認証をされまたした。正式な団体名は特定非営利活動法人ジービーパートナーズになります。

また、9月には事務所を新橋に移転しました。まだまだ十分な収入があるわけではありませんが私たちの団体にとって拠点はとても重要だと考えています。
新橋駅、内幸町駅、霞ヶ関駅が最寄り駅になります。お近くにお越しの際にはお立ち寄りください。

新住所:港区新橋1−18−2


肝心な活動について。
昨年からお手伝いさせていただいている東日本大震災復興支援財団のまなべる基金の事務処理は今年もお手伝いさせていただいております。

たかが事務処理、されど事務処理なのです。
毎日同じ人が担当するわけでないのですが、細かく説明しなくても対応可能なのはこれまでの生活者としても経験や企業での経験があるシニア世代だからこそなのです。

何らかの復興のお手伝いをしたい、東京からできることをしたいという方は是非ご参加ください。
9月頃に募集説明会を開催する予定です。


NPOの経理をサポートする事業もトライアルで始めています。
NPOは報告書を所轄庁に提出しなければならないので必ず帳簿をつけてお金の管理をしなければなりません。活動資金が多くないうちはそれほど難しいわけでなはいのですが、社会課題の解決に取り組むNPOの場合、なかなか手がまわらないケースが多いようです。
そこで、シニアがNPOの経理処理をお手伝いしていこうというのが経理サポート事業です。

やる気の押し売りでシニアの方から上から目線で何か言われるの?とご心配のNPOの皆さま、ご安心ください。わーい(嬉しい顔)

社会のお役に立ちたい、若い方を応援したいというシニア世代の方に、経理実務の研修は当然として、NPOについての研修も受けていただいた上でご参加していただくことにしています。
これを仕組化していきます。まだその途上ですが、、、。


定年後に自分らしく社会参加したいという方のご参加お待ちしています!