• もっと見る

大会報告

史上初!表彰台独占!! 第21回全国社会人ゲートボール大会
20220807_114013.jpg

2022年8月6日(土)、7日(日)に、埼玉県熊谷市で開催されました、第21回全国社会人ゲートボール大会に徳島県より健祥会キング、健祥会エンペラー、健祥会リバティの3チームが出場しました。

全国より15チームが参加し、予選リーグ戦は、5チームによる総当り戦で行われ、各コート1位・2位と3位チームより上位2チームの計8チームが決勝トーナメント戦に進出しました。

健祥会チームは、各コートに分かれての予選となりました。
3チームとも、4勝0敗という素晴らしい成績で、総合成績1位:健祥会エンペラー、2位:健祥会キング、3位:健祥会リバティと無事に予選を通過しました。

決勝トーナメント戦は、予選総合成績によって、振り分けされ、左グループに健祥会エンペラーが、右グループに健祥会キングと健祥会リバティが配置されました。

3チームとも1回戦は順当に勝ち上がり、準決勝戦へ進出しました。

準決勝は、健祥会エンペラー対セブンイレブンチワワズ(長野県)と、健祥会キングと健祥会リバティの対戦となりました。

健祥会エンペラーは、序盤から有利な展開でしたが、中盤にミスが続き、そのミスの隙に、セブンイレブンチワワズが第2ゲートで通過タッチを作り、逆転の狼煙を上げました。
しかし、健祥会エンペラーが第3ゲート後方から、第2ゲート後方へのロングタッチを決め、決勝戦に進出しました。

健祥会キングと健祥会リバティの同門対決は、序盤から健祥会キングが圧倒していましたが、中盤で健祥会リバティが盛り返し、逆転に成功。このまま健祥会リバティが逃げ切るかと思われましたが、健祥会キングが底力を発揮。
競技時間終了間際に奇跡的なスーパープレーで2球の上がりを決め、大逆転。
健祥会キングが決勝戦に進出しました。

決勝戦は、第8回大会以来の健祥会エンペラーと健祥会キングの対決。

コイントスの行方を見守る両主将
右:健祥会キング中村主将 左:健祥会エンペラー井内主将
1660127732073.jpg

〈決勝戦 健祥会エンペラー対健祥会キング〉
1660127750584.jpg

1659844794319.jpg

1659844794912.jpg

序盤より、健祥会キングが主導権を握って、試合を有利に進めました。
中盤に健祥会エンペラーもロングタッチを決め、反撃しましたが、健祥会キングの合わせ球によって、自球を一掃されてしまい、ゲームセット。
健祥会キングは前回大会に続く優勝で、令和初の連覇を達成しました。
また、健祥会エンペラーが準優勝、健祥会リバティが第3位と、史上初の表彰台独占となりました。

1659910490151.jpg

〈優 勝:健祥会キング〉
20220807_110159.jpg

〈準優勝:健祥会エンペラー〉
1659844823311.jpg

〈第3位:健祥会リバティ〉
1659844822647.jpg

1659948932487.jpg

健祥会グループは通算11回目の全国社会人大会優勝となりました。
おめでとうございます!!
投稿者:宮本 カテゴリー:大会報告 コメント:0 トラックバック:0
第38回全日本ゲートボール選手権大会 徳島県予選
2022年7月24日(日)、徳島県名西郡石井町にあるいしいドームにおきまして、第38回全日本ゲートボール選手権大会徳島県予選が開催されました。

徳島県内の各地域の予選会を勝ち抜いた9チームが集まり、全日本選手権大会の出場権利を目指しました。

〈開会式〉
DSCN0423.JPG

徳島県ゲートボール協会 中村会長 挨拶
本年は、久しぶりに全日本選手権大会の徳島県予選を開催することが出来ました。
ご参加いただきました皆様に感謝申し上げます。
優勝したチームは福井県鯖江市で開催される全日本選手権大会の出場権利を得ることになります。
新型コロナウイルスが急速に感染拡大しており心配ですが、力を発揮し、優勝目指して頑張ってください。

〈大会模様〉
当日抽選を行い、各コート3チームの対戦相手を決定しました。各コート1位チームと各コート2位チームのうち、上位成績1チームが決勝トーナメント戦に進出となります。
天然芝ですが、コートによって凹凸があり、非常に難しいコート条件となっておりました。
抽選の結果、予選で優勝候補同士の健祥会Bと小松島ネクサスの対戦となり、非常に白熱した試合展開となりました。
序盤では健祥会Bが有利に試合を進めておりましたが、終盤に第1ゲート付近から第2ゲート前の2球球へのロングタッチを決め、形勢逆転。小松島ネクサスが勝利を収めました。

DSCN0436.JPG
DSCN0444.JPG
DSCN0438.JPG

全日本世代交流大会に出場予定の若手選手も出場しました。
DSCN0433.JPG
DSCN0434.JPG

予選リーグ戦は、総合1位:健祥会A、総合2位:小松島ネクサス、総合3位:小松島B、2位グループより徳島Aが勝ち上がりました。
成績によるシーレット方式での決勝トーナメント戦のため、1回戦は健祥会A対徳島A、小松島ネクサス対小松島Bの対戦となりました。
健祥会Aは徳島Aに圧勝。小松島ネクサスは、終盤まで粘る小松島Bをしのぎ、決勝戦へと駒を進めました。

決勝戦は、四国地域選手権大会の決勝戦と同じ健祥会Aと小松島ネクサスの対戦となりました。
試合は、序盤より第2ゲート周辺での打ち合いになりました。
先攻の小松島ネクサスのボールが第2ゲート前で3球重なってしまったため、後攻の健祥会Aの6番選手がタッチを狙いますが、わずかに外れてしまいました。その後、小松島ネクサスの7番選手がタッチを決め、序盤戦を制しました。

DSCN0453.JPG

中盤も小松島ネクサスが有利に流れていましたが、健祥会Aも第2ゲートでタッチ通過をセットして逆転の場面をつくりました。しかし、惜しくもタッチ通過は成功しませんでした。
最後は、小松島ネクサスが第3ゲートより第2ゲートまでのスライドタッチを見事に決め白球を一掃し、粘る健祥会Aを振り切り、全日本選手権大会への切符を手に入れました。

〈大会結果〉
優 勝:小松島ネクサス
DSCN0463.JPG

準優勝:健祥会A
DSCN0475.JPG

DSCN0476.JPG

DSCN0477.JPG

小松島ネクサスチームは全日本選手権大会初制覇を目指して頑張ってきてください!!

また、健祥会チームは全国社会人大会で令和初の連覇目指して頑張ってきてください!!
投稿者:宮本 カテゴリー:大会報告 コメント:0 トラックバック:0
第19回四国地域社会人ゲートボール大会
2022年7月10日(日)、徳島県美馬市にある「スパーク脇」におきまして、第19回四国地域社会人ゲートボール大会が開催されました。

香川県より2チーム、徳島県より3チームが出場し、四国地域社会人チームのチャンピオンを目指しました。

〈開会式〉
DSCN0246.JPG

四国地域協議会 中村会長 挨拶
DSCN0244.JPG
本年は、全国社会人大会が開催される年となっております。3年前の全国社会人大会では、決勝戦で徳島県と香川県が対戦し、第3位にも徳島県が入り、四国の強さを示すことができました。
本日は、親睦を兼ねての大会にもなりますが、技術・レベルを少しでも上げれるように練習の成果を発揮し、切磋琢磨し頑張ってください。

香川県ゲートボール連盟 五井会長 挨拶
DSCN0252.JPG
香川県では、本日出場できませんでしたが、あと2チーム社会人チームがあります。そのうちの1つは、新しく結成された、高松市役所です。
四国のゲートボール人口は減少しておりますが、減らさないように努力をしている中で、新チームが結成され、大変嬉しく思っております。
この社会人大会ももっと盛り上がっていければと考えております。
今後ともご協力をお願い致します。

〈大会の様子〉
予選は、参加5チームによる総当り戦で行い、予選リーグの成績上位2チームで決勝戦を行いました。
人工芝ではありますが、コートによって傾斜があり、ボールコントロールが非常に難しいコートでした。
DSCN0268.JPG
DSCN0273.JPG
DSCN0265.JPG
DSCN0307.JPG

予選1位は、4戦全勝で健祥会C、予選2位は3勝1敗で健祥会Aとなり、この2チームが決勝戦に進出しました。
決勝戦は、一進一退の攻防となりましたが、健祥会Aが予選で健祥会Cに負けた雪辱を晴らし、見事優勝しました。

〈優勝:健祥会A〉
DSCN0323.JPG

〈準優勝:健祥会C〉
DSCN0326.JPG

〈大会結果〉
DSCN0327.JPG

8月6日、7日に埼玉県熊谷市で開催される第21回全国社会人ゲートボール大会でも連覇目指して頑張ってきてください。
投稿者:宮本 カテゴリー:大会報告 コメント:0 トラックバック:0

▲ ページの先頭へ