• もっと見る
第38回全日本世代交流ゲートボール大会 四国地域予選
令和3年8月8日(日)、徳島県美馬市にあるすぱーく脇におきまして、第38回全日本世代交流ゲートボール大会四国地域予選が開催されました。

香川県より4チーム、徳島県より3チームが出場し、全国大会への出場権利を目指しました。

まず、予選リーグ戦を行い、予選リーグ戦の1位・2位チームで決勝戦を行いました。

非常に球の転がりの速い人工芝ということもあり、いち早く距離感を掴むことが勝敗の鍵となりました。
DSCN7926.JPG

〈大会中の様子〉
DSCN7904.JPG
DSCN7906.JPGDSCN7897.JPGDSCN7907.JPG

また、世代交流大会ということで、競技中は、15歳未満、15歳以上65歳未満、65歳以上の選手が出場していることが条件となっております。
各チームには、これからのゲートボールを盛り上げてくれる選手が出場しております。
DSCN7894.JPG
DSCN7924.JPG
DSCN7900.JPG
DSCN7901.JPG
DSCN7922.JPG
DSCN7898.JPG
DSCN7930.JPG
DSCN7912.JPG
DSCN7916.JPG

予選リーグ戦の結果、池下クラブ(香川県)が4勝で第1位、小豆島豊栄B(香川県)が3勝1敗の得失点差で第2位となりました。
決勝戦は、池下クラブと小豆島豊栄Bの香川県対決となり、白熱した展開となりました。
序盤は距離感が安定していた池下クラブが試合を有利に進めていましたが、終盤に第4コーナー付近からのスライドタッチに失敗。その隙をついて、小豆島豊栄Bが逆転に成功し、優勝しました。

優 勝:小豆島豊栄B(香川県)
DSCN7934.JPG

準優勝:池下クラブ(香川県)
DSCN7936.JPG

DSCN7948.JPG

優勝した小豆島豊栄Bチームには、来月開催予定の全国大会への出場権利が与えられます。全国大会でも優勝目指して頑張ってください!
投稿者:宮本 カテゴリー:活動報告 コメント:0 トラックバック:0

コメント

トラックバック

ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL

トラックバックの受付は終了しました

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

▲ ページの先頭へ