CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
第36回四国地域ゲートボール選手権大会
DSCN9979.JPG
2022年5月15日(日)、香川県綾歌郡綾川町にある綾川ふれあい運動公園におきまして、第36回四国地域ゲートボール選手権大会が開催されました。

四国四県から24チーム(香川県12チーム、徳島県6チーム、高知県2チーム、愛媛県4チーム)が集まり、四国チャンピオンを目指しました。

〈香川県ゲートボール連盟 五井会長〉
DSCN9940.JPG

四国各地より24チーム約160名の皆さまにご参加いただきありがとうございます。
コロナの影響で、なかなか大会が開催できず、お会いできておりませんでしたが、今回は、最後まで実力を発揮し、優勝目指して頑張ってください。


〈四国地域協議会 中村会長〉
DSCN9945.JPG

コロナの影響により、四国地域協議会の各種大会につきまして、ここ2年間ほとんど開催できていない状況でしたが、政府はwithコロナにシフトしております。
ゲートボールは屋外のスポーツであり、感染しにくいスポーツと言われております。
今年度、四国地域協議会として、できる限り大会を開催してまいりたいと考えております。
コロナを逆手にとって、ゲートボールの安全性をアピールし、少しでもゲートボールに興味を持ってもらえる人を増やしてもらえればと思います。
12月には、愛媛県で全国高等学校選手権大会、来年度には、香川県で全日本世代大会、愛媛県で全国ねんりんピックが開催予定です。
会員の皆さまにもご協力いただくようになりますが、宜しくお願い致します。
最後になりましたが、素晴らしいコートを準備していただきました、香川県ゲートボール連盟の皆様に感謝申し上げます。ありがとうございます。

〈選手宣誓:池下クラブ(香川県)松佐選手〉
DSCN9957.JPG

〈大会の様子〉
DSCN9978.JPG
DSCN9971.JPG
DSCN9968.JPG
DSCN9960.JPG

予選リーグ戦の1位と2位チームが決勝トーナメント戦に進出、予選リーグ戦の結果によってトーナメントの対戦相手が決まるシーレット方式で実施しました。

予選リーグ戦では、健祥会B(徳島県)が3勝+56という成績で1位通過しました。
しかし、準決勝戦で、健祥会Aと健祥会Bの同門対決となりました。
序盤は健祥会Bが有利な展開となりましたが、健祥会Aは残り7分、第2ゲート後方から第3ゲート前の合わせ球が成功し形成逆転。終了間際、健祥会Bも第1ゲート通過球が第3ゲート前で重なっていた相手球へのタッチを狙うが、第3ゲートの脚に嫌われ、健祥会Aが決勝戦に進みました。

予選3位の小松島ネクサスは、香川県の強豪、小豆島豊栄や予選2位通過の大野を破り決勝戦に進出しました。

決勝戦は、健祥会Aと小松島ネクサスの徳島県同士の対戦となりました。
序盤から第2ゲート付近の攻防、中盤は、スライドタッチ、ロングタッチ合戦が繰り広げられ、一進一退の攻防が終盤まで繰り広げられました。

〈第3ゲート付近から第2ゲート裏にスライドタッチを決める米山選手〉
DSCN9989.JPG

〈ロングタッチを決め、形勢逆転のきっかけを作った上野選手〉
DSCN9992.JPG

競技時間終了間近、健祥会Aが第3ゲートでタッチ通過を決め、2打で上がり、10対10の内容勝ちという状況でした。
しかし、競技時間終了後、小松島ネクサスの最終打者が、第4コーナー付近から第3ゲート前の1球に約6mのロングタッチを決め、第3ゲートを通過。11対10と大逆転し、小松島ネクサスが優勝を手にしました。

〈大会結果〉
優 勝:小松島ネクサス(徳島県)
準優勝:健祥会A(徳島県)
第3位:大野(香川県)
第3位:健祥会B(徳島県)

〈予選リーグ戦結果〉
DSCN0019.JPG

〈決勝トーナメント戦結果〉
DSCN0022.JPG

優勝:小松島ネクサス
DSCN0009.JPG

準優勝:健祥会A
DSCN0012.JPG

第3位:大野
DSCN0017.JPG

第3位:健祥会B
DSCN0014.JPG

以上の結果となりました。

一昨年は、コロナの影響により中止。昨年は、大会途中に大雨となり中止。となっており、3年ぶりに大会を終えることが出来ました。

素晴らしい会場を準備していただきました、香川県ゲートボール連盟の皆さま、大会運営をしていただきました四国地域協議会の皆さまには大変お世話になりました。ありがとうございました。

来年は徳島県で開催予定です。徳島でお会いしましょう。
投稿者:宮本 カテゴリー:大会報告 コメント:0 トラックバック:0
2022年度 四国地域協議会 総会
DSCN9925.JPG

2022年5月14日(土)、香川県坂出市にあります、坂出グランドホテルにおきまして、2022年度四国地域協議会総会が開催されました。

四国四県より、役員15名が集まり開催されました。

〈四国地域協議会 中村会長〉
DSCN9923.JPG

大変ご無沙汰しております。
どの県もコロナの影響により、大会等も開催できず、非常に会員が減少しており、心配しております。
しかし、高校野球やプロ野球、サッカーなどは観客を入れて開催しております。
日本政府だけでなく世界でもwithコロナを進めている状況であり、2022年度は、感染対策を徹底しながら大会を開催してまいりたいと思っております。
12月には、愛媛県で全国高等学校選手権大会、来年度は、香川県で全日本世代交流大会、愛媛県で全国ねんりんピックが開催予定となっております。
四国地域協議会として、出来ることを協力していかなければならないと思っております。
本年度も宜しくお願い致します。

〈香川県ゲートボール連盟 五井会長〉
DSCN9932.JPG

総会では、2021年度事業報告・収支決算報告・2022年度事業計画(案)・収支予算(案)・四国地域協議会各種大会等について議論されました。

また、役員改選も行われ、四国地域協議会会長には中村太一が再任しております。

投稿者:宮本 カテゴリー:活動報告 コメント:0 トラックバック:0
2021年度地方組織の再生に係る助成事業 ゲートボールで国際貢献!! 〜外国人技能実習生 第2弾 プラスα 〜
2022年2月24日(木)、2021年度地方組織の再生に係る助成事業(ゲートボールの素晴らしさを技術と共に海外へ!ゲートボールで国際貢献!!)〜外国人技能実習生 第2弾〜を開催しました。

当初は、実習実施先のゲートボール場でベトナム人2名の技能実習生に開催する予定でしたが、オミクロン株の猛威により、2月23日に徳島県でも過去最多の感染者数が発表されたため、監理団体と実習実施者と相談し、急遽、ZOOMでの開催に切り替え、ゲートボールの歴史やルール、試合の流れ等について説明を行いました。

DSCN9315.JPG

DSCN9316.JPG

また、徳島県外の施設に配属されており、今までのゲートボール体験会に参加できなかった、EPA介護福祉士候補者やEPA介護福祉士の配偶者からゲートボールについて知りたいという声があり、受入機関、受入施設と相談し、ZOOMを使用して、インドネシア人、フィリピン人、ベトナム人計16名に特別開催しました。

DSCN9322.JPG

DSCN9318.JPG

DSCN9319.JPG

参加者の中には、日本人と結婚したEPA介護福祉士や母国から家族を呼び、一緒に生活している方も参加され、非常に興味をもってもらうことができました。

今回は、残念ながら、ZOOMでの開催となりましたが、コロナの感染状況を判断し、来年度以降にゲートボール体験会を実施できるように検討していきたいと考えています。

これで、2021年度地方組織の再生に係る助成事業(ゲートボールの素晴らしさを技術と共に海外へ!ゲートボールで国際貢献!!)は全日程終了することができました。
開催内容の変更がありましたが、外国人技能実習生には直接体験会1回、ZOOM開催1回と予定回数通り、EPA介護福祉士候補者には直接体験会3回、ZOOM開催2回、と予定回数を上回って開催することができました。

新型コロナウイルス第6波の影響で、当初の事業計画からの変更や急遽開催内容の変更等があり、監理団体や実習実施者、受入機関、受入施設の皆様にはご迷惑をおかけしましたが、無事に終了することができました。
徳島県協会として、今までになかった、外国人との取り組みであり、不安な面も多くありましたが、皆様のご協力のおかげで、予想以上の方々にゲートボールというスポーツを知ってもらうことができました。今後もゲートボールを楽しんでもらえるようにサポートしてまいります。

いつか、世界選手権大会やアジア選手権大会に出場する選手が誕生することを願っています。

最後になりましたが、2021年度地方組織の再生に係る助成事業をご採択いただき、素晴らしい機会を与えてくださった、(公財)日本ゲートボール連合様には大変感謝しております。
ありがとうございました。
投稿者:宮本 カテゴリー:活動報告 コメント:0 トラックバック:0

▲ ページの先頭へ