• もっと見る
平成29年度東北地域協議会総会
 5月16日(火)に平成29年度東北地域協議会総会が、宮城県仙台市パレスへいあんで、日本連合から関口事務局長はじめ、各県理事17名の出席で開催されました。
 議事は、
第1号議案平成28年度事業報告
第2号議案平成28年度収支決算報告
第3号議案平成29年度事業計画
第4号議案平成29年度収支予算
第5号議案任期満了による役員改選
の5つの議題でした。
第1号・第2号議案は満場一致で承認されました。第3号・第4号議案については、紺人スポーツ指導者研修会の開催については、次の理事会までにもっと詳しい内容の提示を求められました。予算的にも十分あるようですが、予算があるから使うというのではいかがなものかという意見でした。また、東北地域ジュニア大会を東北地域選手権大会とは時期・場所を変えて開催するという新しい試みも提案され、承認されました。第5号議案は、会長、理事長、庶務会計、とも引き続きやっていただくということで、監事は山形県と福島県が担当するということで承認されました。
 その他のところで、福島県から国体の東北予選会を東北地域選手権と別開催できないものかという話が出され、各県の意見を一通り話し合いましたが、時間と予算の問題もあり継続審議とし、各県持ち帰り意見の集約をすることといたしました。また、青森県からはチーム編成について各県の現状はどうなっているかということで、地域・支部単位なのか、自由に制限をなくしているのかについての質問があり、山形県ではオープン大会では地域を大切にし、予選会などは選抜して出場している。岩手県では、すでにすべて自由にしているが、実際に制度を利用しているチームは少数である。などの意見が出されました。いずれにしても、地域が崩壊すれば協会が成り立たないのは事実ですので、もっともっと地域を元気にする活動をしていかなければならないと思います。
投稿者:谷藤 カテゴリー:その他 コメント:0 トラックバック:0

コメント

トラックバック

ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL

トラックバックの受付は終了しました

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

▲ ページの先頭へ