• もっと見る
指導者研修会
 3月6日・7日に、2016年度JGU全国ゲートボール指導者研修会が東京の品川プリンスホテルで開催されました。
 今回、NPO法人日本ホスピタリティ推進協会の久保亮吾講師による「ホスピタリティとは何か」というテーマでの講演でした。ホスピタリティと聞いて病院の話かと思いきや、ホスピタリティとは社会論理であり、おもてなし・社会の潤滑油だというお話でした。ホスピタリティには、観察をし、そこから推理をし、それを理解し、最後にそれに対し行動することが大切だということ。また、サービスは等価価値交換であり、ホスピタリティは付加価値交換というもので、ホスピタリティがサービスより上であるということではなく、サービスが成り立たなければ、ホスピタリティの価値が損なわれるということも重要なことのようです。
講師の先生は具体的な例をもって説明してくれましたが、うまく書くことができなく残念です。でも、話をする機会があれば是非会員の皆さんにも伝えたいと思います。
 要するに、おもてなしの心・思いやりの心があれば、社会はうまくいくということのようです。なかなか難しいことではありますが、少しずつでも実践していければと思いました。

P1050406.JPG

P1050409.JPG
グループワーキングの様子

P1050411.JPG
情報交換会の様子

P1050413.JPG
新潟県の若林さんによる〆
投稿者:谷藤 カテゴリー:その他 コメント:0 トラックバック:0

コメント

トラックバック

ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL

トラックバックの受付は終了しました

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

▲ ページの先頭へ