CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPOの情報開示&助成の最適化をすすめるブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本における助成の最適化と、NPOの情報開示の拡充に向けて
調査・研究を行い、提言を行っています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)「NPOへの資金提供・助成の最適化に関する調査報告書」
(2)「助成事業の成果向上と、事務の効率化・負担軽減に関する
調査報告書」
(3)「助成申請書の団体基本情報に関する、地域規模・全国規模
助成の比較調査報告書」
は、すべて売り切れとなりましたが、(1)と(3)につきましては、
隔月刊誌「NPOマネジメント」
https://blog.canpan.info/npomanagement/
に、概要をまとめた記事を掲載しております。

(1)は、第52号・第53号「助成する側・される側が『伝わりあう
関係』になるために〜『NPOへの資金提供・助成の最適化に
関する調査』報告(前編)・(後編)」
(3)は第62号「助成申請書の団体基本情報に関する、地域
規模・全国規模助成の比較調査」

その他、関連記事として、第47号「助成申請書および報告書の
設問に関する調査報告『信頼と支援を得る情報開示項目とは?』」
もぜひご覧ください。

★なお、PDFデータ版は、
DL-MARKETのサイトからご購入いただけます。
内容は冊子版とまったく同じで、プリントアウトも可能です。
ぜひ、ご利用ください。


お申し込みお待ちしています!!★12/18(木)開催:第5回NPOへの資金提供・助成の最適化に関する勉強会 [2008年12月11日(Thu)]
市民活動に対する助成プログラム
ご担当のみなさま

★本セミナーは終了しました★

お参加の申し込みがまだの方は、お急ぎください!!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆開催案内◆12月18日(木)
第5回 NPOへの資金提供・助成の最適化に関する勉強会
「助成事務のIT化の効果と可能性を学ぶ」を開催します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※過去の調査や勉強会の概要はこちらでご確認いただけます。
https://blog.canpan.info/gate-iihoe/


このたび第5回の勉強会を、来る12月18日(木)に
「助成事務のIT化の効果と可能性を学ぶ」をテーマに開催
いたします。

勉強会の趣旨、ねらいの詳細につきましては、以下のご案内文にも
記載しておりますので、ご一読いただければ幸いです。


0801218grantstudy_02.pdf


皆様におかれましては、ご多忙の折とは存じますが、ぜひご参加ください
ますよう、お願い申し上げます。


★★勉強会の概要・参加申し込みの方法はこちら★★
【勉強会】12/18(木)開催:第5回NPOへの資金提供・助成の最適化に関する勉強会 [2008年11月14日(Fri)]
市民活動に対する助成プログラム
ご担当のみなさま

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆開催案内◆12月18日(木)
第5回 NPOへの資金提供・助成の最適化に関する勉強会
「助成事務のIT化の効果と可能性を学ぶ」を開催します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★本セミナーは終了しました★

IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
客員研究員の北川です。

日頃はIIHOEの活動へご理解とご協力を賜り、まことに
ありがとうございます。

IIHOEは、2006年より「助成の最適化と助成事務の効率化」を
テーマに、助成プログラムの調査研究とご担当者のみなさまを
対象とした勉強会を実施しております。

※過去の調査や勉強会の概要はこちらでご確認いただけます。
https://blog.canpan.info/gate-iihoe/


このたび第5回の勉強会を、来る12月18日(木)に
「助成事務のIT化の効果と可能性を学ぶ」をテーマに開催
いたします。

勉強会の趣旨、ねらいの詳細につきましては、以下のご案内文にも
記載しておりますので、ご一読いただければ幸いです。


0801218grantstudy_02.pdf


皆様におかれましては、ご多忙の折とは存じますが、ぜひご参加ください
ますよう、お願い申し上げます。



★★勉強会の概要・参加申し込みの方法は以下のとおりです★★

続きを読む...
【報告】第3回NPOへの資金提供・助成の最適化に関する勉強会 [2008年07月28日(Mon)]
IIHOEでは、去る7月1日(火)、日本財団ビル会議室において、
「NPOへの資金提供・助成の最適化に関する勉強会(第3回)」を開催しました。

当日は、市民活動に対し助成プログラムを実施されている助成機関のご担当者様、
ならびに助成財団センター様から成る、30名にご参加いただき、

「審査基準をいかに伝えるか、申請書の設問項目をいかに設計するのか」
というテーマのもと、
審査基準および申請書の設問項目の設計に熟慮された助成プログラムの
事例を2件、ご報告いただいた後、質疑応答とグループディスカッションを
実施しました。

ご参加くださいましたみなさま、誠にありがとうございました。
また、会場をご提供くださった日本財団様に厚く御礼申し上げます。


当日の記録は、長文のため、目次にリンクして掲載しております。
ご覧いただけましたら幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜助成する側と申請する側が思いを伝えあえる、募集要項と申請書式のデザイン〜

◆主催:IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所] ◆協力:日本財団 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【日 時】2008年7月1日(火)10:00〜13:00
【会 場】日本財団ビル 2階 第1・第2会議室
【内 容】
(1)挨拶 趣旨説明[10:00〜10:15]  
川北秀人(IIHOE代表) 赤澤清孝(IIHOE客員研究員) 

(2)事例報告(質疑応答含む)[10:10〜11:30]
「募集要項・申請書の設計のポイントとNPOとのコミュニケーション上の工夫について」
クローバー(2)にはこちらから該当ページにジャンプします。

(3)グループディスカッション[11:40〜12:45]
助成要項の設計と審査基準の設定について:苦労している点と、工夫している点」

(4)質疑応答・まとめ[12:45〜13:00]
クローバー(3)(4)へはこちらから該当ページにジャンプします。

=======================================
その1【事例報告】第3回NPOへの資金提供・助成の最適化に関する勉強会 [2008年07月28日(Mon)]
→目次・(1)へ戻る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)事例報告(質疑応答含む)[10:10〜11:30]
「募集要項・申請書の設計のポイントとNPOとのコミュニケーション上の工夫について」

■事例1「全労済 地域貢献助成事業(環境分野)」
ご報告者:(特)地球と未来の環境基金(EFF) 専務理事 古瀬繁範 様)


★「全労済 地域貢献助成事業(環境分野)」助成プログラムの詳細へ

 ご報告に先立ち、全労済経営企画部国際課課長 高野智様より、同助成プログラムはEFFの協力を得て実施していることについて、ご説明をいただきました。

<プログラムの設計について>


 一般助成枠(30万円)は、地域におけるボランティア主体の活動が対象。特別助成枠(上限100万円)は、地域で根ざしながら、全国的にも知名度・先進性があり、専従職員が1名程度の団体を想定した。

 助成対象とするプログラムの「重点ポイント」を、枠で囲んで示している。「住民参加」「人とのつながり、絆が醸成されるもの」「コミュニティの再生・発展に寄与」などのキーワードで、審査基準とは少し意味合いの異なる、全労済として応援したい事業や思いを表現した。

続きを読む...
その2【グループディスカッション】第3回NPOへの資金提供・助成の最適化に関する勉強会 [2008年07月28日(Mon)]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(3)グループディスカッション[11:40〜12:45]

ここでは、出席者の皆様が5つのグループに分かれて
「助成要項の設計と審査基準の設定について」をテーマに
苦労している点、および工夫している点について、
意見交換を実施しました。

意見交換後、各グループの意見を会場で共有し、
以下のご意見や対策が出されました。


【要項について】
<苦労している点>

・ストライクゾーンを広く設定しているため、いろんな申請が来てしまう。
・申請件数がかなり多い。どの程度の件数であれば妥当なのか?

・うまく表現してもらえる要項、申請書とは、シンプルなものなのか、作りこんだものなのか?
・重要なキーワードは繰り返し要項中に出しているが、長くなると読んでもらえないジレンマも。


<工夫している点>
→助成の思いが伝わったか検証しながら改善することが必要。

→あまり作りこみすぎると、それにあわせた申請が来るのではとの危惧がある。

→事前説明会、手引き資料の充実。ヒアリングの積極実施。

→申請書から思いを汲み取るスキルを磨くことも必要では。


【審査基準の設定について】
<苦労している点>


・相対評価、総合評価の設定。

・審査や情報収集にどの程度の時間をかけるべき?

・審査員による好みの偏りは、どのように調整すべきか?

・審査委員1名あたりの妥当な担当件数とは?現状は担当件数が膨大なのでは?

・事業の実施可能性、効果を書類でどこまで判断できるのか?

・審査の議論をするまでに実施する「足切り」は、どういう方法がベストか。

・審査基準にあって、申請書に書けないこと、書かれないことがある。
どう把握すれば?

・採点表で、助成する側の具体的なねらいが伝わるのではないかと思うので、
担当レベルでは採点表も公開してはどうかと考えている。


<工夫している点>

→審議すべき案件に時間をかける意味では、対象としない案件を効率的に除外するしくみづくり。

→審査時コメントの伝達を。不採択の場合も今後の活動につなげてもらえるような配慮が重要。
審査員からそれをどう引き出し、フィードバックしていくか。

→評価軸+評価係数の設定は、審査基準ごとに検討/ABC評価レベルにとどめ、総合評価?

→小粒でキラリと光る申請を見つけるしくみ、惜しい案件をレスキューするシステムが必要。

→申請書以外の情報(審査員、地域のセンター等)から、申請団体の状況を効率的に把握する。

→面談、ヒアリングでの情報補足。


(4)質疑応答・まとめ[12:45〜13:00]

Q:助成審査の全体的な傾向として、審査基準の点数化は主流なのか否かについて。

A(川北):
審査に相対評価だけでなく、絶対評価も必要である理由は、
「審査における手続きの公正性」を担保するとともに、審査終了後に「今回はこういう
方針で助成を決定した」と説明する必要があるから。

点数化が進む背景には、合否のボーダーラインを可視化するとともに、助成期間終了後
に、各案件への助成が妥当だったかを、審査時の点数と終了後の評価の点数とを比較
するためにも必要。

制度を設計する上で、評価軸には、時間の経過に伴う社会の推移を考慮に入れつつ、
助成による社会的なインパクトをどう計測し(定性、定量、相対)、また高めていくために
どうフォローすべきか、という視点を持っておくことが重要になる。
 
審査基準の点数化は、資金提供者の価値基準を明示するということ。
だからこそ、その基準が妥当なのか、申請する側とのコミュニケーションが成り立つかの
検討が必要になる。

すると、明確な審査基準の設定により「点数」を積み上げつつ、面談などコミュニケーション
の精度を高めるシステムをどのように組み込み、総合評価していくかが問われる。


・・・以上です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
→目次にもどる