CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPOの情報開示&助成の最適化をすすめるブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本における助成の最適化と、NPOの情報開示の拡充に向けて
調査・研究を行い、提言を行っています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)「NPOへの資金提供・助成の最適化に関する調査報告書」
(2)「助成事業の成果向上と、事務の効率化・負担軽減に関する
調査報告書」
(3)「助成申請書の団体基本情報に関する、地域規模・全国規模
助成の比較調査報告書」
は、すべて売り切れとなりましたが、(1)と(3)につきましては、
隔月刊誌「NPOマネジメント」
https://blog.canpan.info/npomanagement/
に、概要をまとめた記事を掲載しております。

(1)は、第52号・第53号「助成する側・される側が『伝わりあう
関係』になるために〜『NPOへの資金提供・助成の最適化に
関する調査』報告(前編)・(後編)」
(3)は第62号「助成申請書の団体基本情報に関する、地域
規模・全国規模助成の比較調査」

その他、関連記事として、第47号「助成申請書および報告書の
設問に関する調査報告『信頼と支援を得る情報開示項目とは?』」
もぜひご覧ください。

★なお、PDFデータ版は、
DL-MARKETのサイトからご購入いただけます。
内容は冊子版とまったく同じで、プリントアウトも可能です。
ぜひ、ご利用ください。


2014年4月からの書籍価格改定につきまして [2014年03月20日(Thu)]
2014年4月1日からの消費税増税に伴い、同日以降にお申込みくださった場合の
書籍(PDFデータ版を含みます)の価格を改定させていただきます。

本ブログ過去の記事においては、旧価格でご紹介していますが、
4月1日以降の正しい価格については、こちらにてご確認ください。
【最新刊】報告書刊行のご案内 [2009年09月20日(Sun)]
★本報告書は品切れとなっておりますが、PDFデータ版(525円!)にて、
DL-MARKETのサイトからご購入いただけます。内容は冊子版とまったく同じで、
プリントアウトも可能です。ぜひ、ご利用ください。


『助成申請書の団体基本情報に関する、
地域規模・全国規模助成の比較調査報告書』報告書刊行のご案内


IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]では、
今年3月から5月上旬にかけて全国規模と地域規模で実施される助成プログラム
において、申請書でどのような団体基本情報項目の記入を求めているかについて
比較調査を実施しました。

その結果をまとめた『助成申請書の団体基本情報に関する、地域規模・全国規模
助成の比較調査報告書』を2009年9月16日(水)に刊行しましたので
ご案内申し上げます。
続きを読む...
【刊行】助成先事業の成果向上と、事務の効率化・負担軽減に関する調査 [2008年12月25日(Thu)]
★本報告書は品切れとなっておりますが、PDFデータ版(525円!)にて、
DL-MARKETのサイトからご購入いただけます。内容は冊子版とまったく同じで、
プリントアウトも可能です。ぜひ、ご利用ください。


[助成先事業の成果向上と、事務の効率化・負担軽減に関する調査]
報告書刊行のご案内

IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]では、
今年6月から7月にかけてNPOに対して助成・資金提供を行う助成機関に
アンケートを実施し、助成事務局の事務の効率化、および負担軽減に
関する現状と展望の分析を行い、
その結果をまとめた報告書(冊子71ページ、頒価2,520円・税込・送料別)を
2008年12月16日(火)に刊行しました。

★報告書リリースについて

08gatereport-release00.pdf


★報告書の告知チラシ・ご購入フォーム

 この調査報告書の概要版につきまして、より詳細の情報をご希望の場合は、
下記あてにお申し込みくださいますよう、お願い申し上げます。
続きを読む...
【刊行】「助成の最適化に関する調査」報告書を刊行しました [2008年03月20日(Thu)]
★本報告書は品切れとなっておりますが、PDFデータ版(525円!)にて、
DL-MARKETのサイトからご購入いただけます。内容は冊子版とまったく同じで、
プリントアウトも可能です。ぜひ、ご利用ください。


IIHOEでは2007年秋に、
「助成を行う側と助成を受ける側の最適なマッチング」=「助成の最適化」を
進めるため、91助成機関・131助成プ ログラムの調査・分析を実施し、
概要を報告する勉強会なども開催してまいりました。

そして、このたび、調査と分析の結果をまとめた
「NPOへの資金提供・助成の最適化に関する調査」報告書を刊行の運びとなりました。

市民活動にとって貴重な資金源である助成プログラムが、
今後より効果的に活用されるためには、助成を受ける側である
NPOの積極的で的確な情報開示と、事業提案力の向上はもちろんのこと、
助成を行う側も適切 な申請を促すための工夫や配慮が求められます。

この報告書が、助成を行う側と助成を受ける側の双方が感じている
コミュニケーション不全を改善し、「ともに伝わり合う関係」となるための
素材として広く活用されることを強く願っています。


【報告書刊行チラシ】

gate2007-chirasi.pdf


【プレスリリース資料】

gatereport_release.pdf



「助成する側とされる側とのコミュニケーション不全をどう解消するか?」
 その疑問に応えます。


┏┓
┗┏┓「NPOへの資金提供・助成の最適化に関する調査」
  ┗■  報告書刊行のお知らせ
└──────────────────────────────

◆「助成したい応募事業の割合が少ない」助成する側のみなさんへ

 ○NPOは助成プログラムを探すときに、どこをチェックしているの?
 ○募集要項やウェブサイトでどんな情報を提供すればいいの?
 ○助成の趣旨を正しく伝え、精度の高い事業計画を提案してもらうには?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆「伝えたいことがうまく伝わらない」助成を受ける側のみなさんへ

 ○助成金申請の際、募集要項で押さえるべきポイントは?
 ○助成申請書への記述のコツは?
続きを読む...