CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPOの情報開示&助成の最適化をすすめるブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本における助成の最適化と、NPOの情報開示の拡充に向けて
調査・研究を行い、提言を行っています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)「NPOへの資金提供・助成の最適化に関する調査報告書」
(2)「助成事業の成果向上と、事務の効率化・負担軽減に関する
調査報告書」
(3)「助成申請書の団体基本情報に関する、地域規模・全国規模
助成の比較調査報告書」
は、すべて売り切れとなりましたが、(1)と(3)につきましては、
隔月刊誌「NPOマネジメント」
https://blog.canpan.info/npomanagement/
に、概要をまとめた記事を掲載しております。

(1)は、第52号・第53号「助成する側・される側が『伝わりあう
関係』になるために〜『NPOへの資金提供・助成の最適化に
関する調査』報告(前編)・(後編)」
(3)は第62号「助成申請書の団体基本情報に関する、地域
規模・全国規模助成の比較調査」

その他、関連記事として、第47号「助成申請書および報告書の
設問に関する調査報告『信頼と支援を得る情報開示項目とは?』」
もぜひご覧ください。

★なお、PDFデータ版は、
DL-MARKETのサイトからご購入いただけます。
内容は冊子版とまったく同じで、プリントアウトも可能です。
ぜひ、ご利用ください。


【報告】1:第5回NPOの資金提供・助成の最適化に関する研究会 [2008年12月27日(Sat)]
【開催記録】
第5回 NPOへの資金提供・助成の最適化に関する勉強会
〜 助成事務のIT化の効果と可能性を学ぶ


主催:IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
協力:日本財団 

【日 時】2008年12月18日(木)10:00〜14:00
【会 場】日本財団ビル 2階 第1・第2会議室
【参加者】14名(+IIHOE5名)
【内 容】

■ご挨拶と趣旨説明[10:00〜10:10]

川北秀人(IIHOE代表) 赤澤清孝(IIHOE客員研究員)

<助成する側される側のコミュニケーション改善をめざして>

・市民活動団体と助成機関の適切なコミュニケーションを実施する上で、助成事務
 をいかに省力化するかが重要なポイントとなる。

・アメリカでは、助成事務のノウハウを公開することや、助成に関するノウハウをもとに
 コンサルを実施することは珍しくないが、日本ではまだごく少ない取り組み。
 今回は、助成機関の事務の効率化の具体的な手法について、事例発表を通し
 実践的な意見交換をしたい。

・08年度調査のねらい
→多くの助成事務局では、多岐にわたる業務を少人数でこなしている現状がある。
→同時に、NPOと顔の見えるコミュニケーションをしたいとするニーズも高い。
→煩雑な事務をいかに効率化し、助成される側とのコミュニケーションを高めるかに
  ついて、事務を約12のプロセスに分けて調査した。調査は、48機関からの
  回答があり、助成総額約110億円が対象。

・調査結果
→ウェブサイトによる広報が進んでいる一方、審査結果データの活用、
 進捗管理、助成事業の評価については、ニーズが高い反面、取り組みが進まない状況
 がある。

→申請書の受理チェック、申請の電子データ化、審査結果と実施後評価の活用のニーズ
 が高い。


++++++++++++++++++++++++++++++++

■事例報告
続きを読む...
【報告】2:第5回NPOの資金提供・助成の最適化に関する研究会 [2008年12月27日(Sat)]
A「日本財団の助成システム概要と導入効果、助成業務とCANPANの連動による可能性」

日本財団 システム統括グループ 荻上 健太郎 様


++++++++++++++++++++++++++++++



<業務改革の波が、助成事務効率化につながる>

・現在、社内業務総合システム「システムNIPPON」とネット申請システム、CANPANと助成サイトが連動して稼動している。

・社内業務システム「システムNIPPON」とは
→助成業務をはじめ、出張等の業務を管理する機能も。
→導入の背景には、不祥事発生をきっかけに、組織自身の情報公開ニーズがあった。

→将来的な競艇の売り上げ減少に向け、事務効率化、情報共有、成果向上を
 目指そうとしていた。
→世間のIT進化、ネット普及という追い風。
 待っていても多数の申請がある現状に、受身でいることによる危機感が内部にあった。

→新しい事業の開発は役員の仕事、一方で事務局の仕事までしてしまう役員もいる、
 というこれまでの発想や状況の変革。
 役員と事務スタッフの権限の明確化=担当以外の業務をやれないよう事務ルールを構築。

→書類、手続きの簡素化:業務フローの統一、一方通行化を目指した。
 それぞれの部署で事務の進め方に違いがあり、当初は大きな反対があった。


<事務の効率化がもたらした成果>

・助成期間内に、以前は27工程あった事務が8工程に削減され、
 37種類あった事務書類も14種類に。団体作成書類は、20種類から5種類(標準)に
 効率化された。

・現場に出る頻度については、年間の出張件数で見ると、552件(2000年度)が
 817件(2007年度)に増加した。

・電子申請システムでは、入力方法が統一化され、入力漏れの確認が自動化されたことで 
 不備チェックの負担が大幅に減った。

・「CANPAN」は当初、非営利活動向けの無料情報支援として開始したが、
 発足2年後の2007年より、助成申請システムとの連動を開始した。

・CANPANを通して、助成事業のプロセスを日本財団のみならず、社会全体に向け
 開示することを目指している。

・また、助成担当者がブログで担当事業を紹介しており、多くの授産品情報を網羅する例も。
 職員による新規事業開発への効果がまだ少ないことは、今後の課題。

・CANPANでは今後、団体情報登録ユーザーへのカード決済機能のリリースを計画中。
 情報開示度★5つの団体の利用を可能にするなど、CANPANとの連携で助成金+αの
 支援を行っていきたい。

・中国ろうきんNPO寄付システムにCANPAN団体情報を提供するなど、他の助成機関
 との連携も進めているところ。
 公益活動を支援するセクターとしての社会的インフラとして、有効活用していただける
 システムへの進化させていきたい。
続きを読む...
【報告】第4回NPOへの資金提供・助成の最適化に関する勉強会(10/14) [2008年10月31日(Fri)]
去る10月14日(火)開催しました
「NPOへの資金提供・助成の最適化に関する勉強会(第4回)」の記録です。

当日は、市民活動に対し助成プログラムを実施されている助成機関のご担当者の
みなさん計25名にご参加いただきました。

ご参加くださいましたみなさま、誠にありがとうございました。
また、今回も会場をご提供くださった日本財団様に厚く御礼申し上げます。




次回の勉強会は、12月18日(木)10:00〜14:00に
(★終了時刻を若干変更しました。)
助成先事業の成果向上と、事務の効率化・負担軽減の工夫について
既に助成事務に電子システムを導入しているプログラム担当者による
事例発表と、グループワークを予定しております。

過去に本勉強会にご参加くださった皆様、今年度の調査にご協力くださった
皆様には、こちらも詳細が決まり次第、メール等にて
ご案内させていただく予定です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【報告】第4回
NPOへの資金提供・助成の最適化に関する勉強会
〜調査報告「助成先事業の成果向上と、事務の効率化・
負担軽減に関する調査」〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時:2008年10月14日(火)10:00〜13:40
会場:日本財団ビル2階 第1・第2会議室
主催:IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]協力:日本財団

=======================================
続きを読む...
◆再告知◆【10/14(火)】NPOへの資金提供・助成の最適化に関する勉強会 [2008年10月06日(Mon)]
市民活動に対する助成プログラム
ご担当のみなさま

IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
客員研究員の北川です。

先般ご案内させていただきました、
2008年10月14日(火)開催
【IIHOE】NPOへの資金提供・助成の最適化に関する勉強会
「助成先事業の成果向上と、事務の効率化・負担軽減に関する調査」
の再度のご案内です。

出席をご予定の方は、お申し込みをどうぞお急ぎください!!


*****

今回の勉強会では、去る6月下旬より当事務局が実施しておりました、
「助成先事業の成果向上と事務の効率化・負担軽減に関する調査」
の結果概要をご報告させていただきます。

助成プログラムの現場担当者の事務は、
広報、申請相談、申請資料の受理・確認、審査、
助成事業の進捗管理、事業報告書のとりまとめなど、
実に多岐に渡っています。

今回の調査では、これらの事務において、現場担当者に
どのような負担があり、その負担を軽減させるために
どのような効率化を図りたいと望んでいるのか、
さらに、適切な助成先を選び、その助成事業の成果の向上を図るために、
どんな事務をどう充実したいのかをお尋ねいたしました。

勉強会では、本調査結果とIIHOEのこれまでの活動をふまえ、
課題の解決に向けたご提案をさせていただくとももに、
これらの課題について、助成プログラムご担当者の皆様との意見交換を行い、
助成先事業の成果向上や、助成プログラム自身の理念の効果的な
実現に向けた事務の充実化へつながる機会としたいと考えています。

なお、今回の勉強会では、意見交換を充実させたいとの思いから
軽食を囲んだ交流の時間も設けております。


ご多忙の折とは存じますが、ぜひご参加くださいますよう、
お願い申し上げます。

※過去の調査や勉強会の概要については、本ブログより詳細をご覧いただけます。

続きを読む...
【勉強会】08年10月14日第4回 NPOへの資金提供・助成の最適化に関する勉強会を開催 [2008年08月29日(Fri)]
★参加をご予定の方は、お申し込みをお急ぎください!!

市民活動に対する助成プログラム
ご担当のみなさまへ

私どもIIHOEでは、2006年より
「助成の最適化と助成事務の効率化」をテーマに、
助成プログラムの調査研究とご担当者のみなさまを対象とした
勉強会を実施してまいりました。

このたび、来る10月14日(火)に
第4回 NPOへの資金提供・助成の最適化に関する勉強会
「助成先事業の成果向上と、事務の効率化・負担軽減に関する調査」
報告会 
を開催します。

ご多忙の折とは存じますが、ぜひご参加くださいますよう、
お願い申し上げます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■勉強会の概要・お申し込みについて■
〜お申し込み期日を延長しました!〜

0801014grantstudy_4_saiannai.pdf

※過去の調査や勉強会の概要は、本ブログにて公開しております。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なお、今回で第4回めとなる本勉強会は、お陰様を持ちまして、
多数の助成プログラムのご担当者にご参加いただいておりますが、
これまでご参加いただいたことがないご担当者の方々にも
ご参加いただける内容となっております。

お申し込みは、下記メールフォームをご利用いただくか
上記のPDF【勉強会の概要】内にあるFAXフォームにて
お願い致します。
続きを読む...
【お申込期限:6月26日】7/1(火)NPOへの資金提供・助成の最適化に関する勉強会 [2008年06月24日(Tue)]
NPO/市民活動助成を担当する皆様へ


NPOへの資金提供・助成の最適化に関する勉強会(第3回)
https://blog.canpan.info/gate-iihoe/archive/33
【お申込期日】6月26日(木)まで


お申し込み期限が迫っております。
ご参加の方は、お申し込みのほどお願いいたします。

【セミナー概要・お申し込みについて】
【勉強会】08年7月1日NPOへの資金提供・助成の最適化に関する勉強会[第3回]開催 [2008年05月26日(Mon)]
NPO/市民活動助成を担当する皆様へ

NPOへの資金提供・助成の最適化に関する勉強会(第3回)の
ご案内です。

【お申込期日】6月26日(木)まで

このたび、「助成する側と申請する側が思いを伝えあえる、募集要項と
申請書式のデザイン」をテーマに、「NPOへの資金提供・助成の最適化
に関する勉強会(第3回)」を7月1日(火)に開催いたします。

「審査基準をいかに伝えるか、申請書の設問項目をいかに設計するのか」
という課題について、具体的な施策を検討し、意見交換していただくために、
今回は、審査基準および申請書の設問項目の設計などに熟慮された
助成プログラムの事例をご報告いただく予定です。

詳細は、以下のご案内文、および添付ファイルをご参照下さい。

続きを読む...
【調査の実施】「助成先事業の成果向上と、事務の効率化・負担軽減に関する調査」の実施について [2008年05月23日(Fri)]
「助成先事業の成果向上と、事務の効率化・負担軽減に関する調査」


このたび、当プロジェクトとしての自主調査第3弾として
IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]京都事務所より
市民活動に対する助成プログラムを運営されている助成機関様を対象に
アンケートのご協力を、メール・郵便にてお願いしています。

調査票の記入に関するQ&Aを公開し、みなさまからのご質問をふまえ
随時更新してまいります。


「助成先事業の成果向上と、事務の効率化・負担軽減に関する調査」
Q&Aはこちら
【報告】08年2月19日「NPOへの資金提供・助成の最適化に関する調査」報告会を開催しました。 [2008年02月23日(Sat)]
 IIHOEでは、助成プログラムの趣旨を共有し、条件を満たした団体から、審査に必要な情報がしっかり記述された申請書(事業提案書)が寄せられるために、助成を行う側は「何をどのように改善すべきなのか」を考える勉強会を2月19日に日本財団ビルにて開催いたしました。

 当日は、助成機関24機関、NPO1団体から37名の方にご参加いただきました。
ご参加くださいましたみなさま、誠にありがとうございました。
また、会場ならびに軽食をご提供くださった日本財団様にも厚くお礼申し上げます。

続きを読む...
【開催】08年2月19日「NPOへの助成の最適化」調査報告会開催します! [2008年01月30日(Wed)]
クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

本セミナーは盛会のうちに終了しました。
開催報告をアップしましたので、あわせてご確認ください。
詳細はこちら


クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー


このたびIIHOEでは、助成プログラムの趣旨を共有し、条件を満たした団体から、審査に必要な情報がしっかり記述された申請書(事業提案書)が寄せられるために、助成を行う側は、何をどのように改善すべきなのか」を考える勉強会を2月19日に開催いたします。

市民活動への助成を行うみなさまのご参加をお待ちしております。
詳細・参加のお申し込みは以下をご確認ください。
続きを読む...
| 次へ